本)全般・その他

July 23, 2017

佐藤正午「書くインタビュー」(1〜3)403~405冊目

愛読している佐藤正午が、メールで若い女性ライターからの質問に答えるというか、書簡集を出しているらしいと知ったので、早速買って読みました。

文章教室みたいだ。
1,2があると知らず3から読み始めてしまって、佐藤正午は若いライターに怒ってばかりのひどい老作家だな!30年近く読み続けてるのに、初めてがっかりしたわ!と思ったのですが、1,2を取り寄せて読み始めたら、すぐに作家側にシンパシーを感じ始めました。最初のインタビュアーはクセが強くて、他人から何かを聞き出すというより自分を出すタイプのライターで、この企画とは大変なミスマッチなのです。3での長文どうしのやり取りは、いつもちっとも面白
くない佐藤正午のユーモアや、ライター側のくどいくらいのサービス精神によるものだと、1,2を経てわかってきました。「正午さん」はライターさんにひんぱんに面倒だの長いだのと文句を言いますが、彼から愚痴を引き出したり、ときどき感心させたりできるのは大したものです。ツボとしては、重箱の隅をつつくけれど全体的には割合大雑把な作家なので、喜びそうなところをツンツンしていればみんなハッピーなのかな、と思ったりもします。

彼の小説に出てくる競馬好きの男は、ちっとも神経質には見えず、せつな的なギャンブルに熱くなる"その日暮らし"の人のようだったので、大変な名文家だとわかっていても作家自身もわりと大雑把な人なのだと思ってました。推敲に推敲を重ねるような人にそんな人はいないのかもですね。
それにしても、作家もインタビュアーも、二人ともくどいよ!(嬉しそうに)

June 17, 2017

柴門ふみ「そうだ、やっぱり愛なんだ」399冊目

漫画家の柴門ふみが、長年雑誌などに書いてきたエッセイを集めた本。
先日たまたま、彼女の夫である島耕作、じゃなくて弘兼憲史のトークイベントに参加したら、これが抱腹絶倒の面白さで、妻はどんな人なんだろうと興味が湧いてきました。

当たり前なんだけど、家庭人としての暮らしは、それぞれ個性はもちろん感じられるんだけど、何か特別な訳ではなく、まったりと子供たちと言い争ったりしながら生活してきたんだなぁという感じです。

何かすごく訴えたいものがあって書いてるって訳ではなく、日々の徒然を書き留めたものなので、さらっと読んでしまいましたが、なんとなくいい感じでした。

December 11, 2016

山内昌之・佐藤優「第3次大戦の罠〜新たな国際秩序と地政学を読み解く」362冊目

やっと読み切った。
最近ロシアや旧ソ連諸国に旅行することがあって、にわかにロシアを取り巻く地政学に興味が出てきてしまった。
私が行ったウズベキスタンは、イスラム教徒の多い中央アジアの国だけど、旧ソ連の名残りが強く残っていて、文化の中継地点、混合地点、という趣気がとても面白い国でした。それで、ロシアの中のイスラムってどういうことになっているんだろう?とか、そういえば中国の中にも新疆ウイグル自治区があったな、とか、連想するにつけ関心は広がるばかり。

この本は地理や歴史にある程度造詣のある人でもスルスルとは読めない深さがあると思うけど、その辺にきわめて疎い私から見ても、地政学的なプロフェッショナルの寒天って、普段見るニュースやドキュメンタリーでは全く見かけたことがないなぁ、と思う。小さい頃はテレビのニュースの人たちはすごく勉強をしていて、素人にもわかるようにいろんなことを教えてくれる・・・と思っていたけど、最近はそう感じることが少ない。こればっかりは、見る側の”民度の低さ”のせいにはできないんじゃないかなぁ。

この本がベストセラーになるくらい、充実した教養番組が増えるといいなと思います。ちゃんと見るから。

September 14, 2016

ピーター・シンガー「あなたが世界のためにできるたったひとつのこと」357冊目

タイトルからは何の本かぜんぜんわかりませんね。
よく働き効率よくお金を稼ぎ、そのかなりの部分を慈善活動に寄付して、それが実際に大勢の人や動物の命を救っていること、自分たちの将来に確実に効果をもたらしていること、を喜びにすること、また、そうしている人たちのことを書いた本でした。

感想は、ちょっと複雑。
誤解を恐れずにいうと、臓器移植が必要な愛らしい赤ちゃんのために、数億円の寄付を募るということが私は苦手です。友達の友達の、あるいは同じ会社の同僚のその子供と同じくらい、棄てられて弱ってる子や、知らない国で爆弾や病気にやられてる子たちも可愛くて大事で、その子たちの命より愛らしい赤ちゃんの命が数億円分価値があると思いたくないから。

誰かを助けたい、自分のお金で何かに確実に役に立ちたい、と思うけど、誰に何を寄付すれば本当に助けられるのかわからない。誰がちゃんと効率よくお金を使ってくれているかわからない。自分の体を使って人を助ける仕事をしたいと思うけど、子供もいなくて両親の体にまともに触れることもなかった自分が介護職につくより、もっと得意な仕事でちゃんと稼いでお金で貢献したほうがいいんじゃないか?

そういうモヤモヤの答えになりそうな本なんだけど、すっきりしないのは、けっこう極端なところまで振れているから。効果のない慈善活動は、共感したい気持ちを満足させるだけだと、かなり確信して言い切ってる・・・それは事実なんだけど、その共感がないところでも寄付ができる人って少ないと思う。なるべく垣根を作らないほうがいいんじゃないか・・・という気がしてドキドキしてくる。それが自分自身の、「共感したい気持ち」からくるもので、常に功利的な考えとその気持ちが自分のなかで争ってるから。

でもやっぱり、率直に、私は本当に役にたつ貢献がしたい。日本にも、慈善活動を評価する団体があればいいのに。あるのかな、ないのかな。ちょっと探してみようかな。なかったら私が始めるべきなんだろうか。まわり敵だらけだろうなぁ・・・。」

August 30, 2016

菅野完「日本会議の研究」356冊目

なんか鬼気迫る本でした。
私はこういう、隙のない仕事をする人って好きです。
世の中のビジネス本や啓蒙書には、少し調べた結果を自由自在にふくらませて、結局のところ自説を展開している、という本が多いといつも思います。面白ければ、趣味で読む分にはいいと思いますが、あいまいな根拠で第三者をおとしめたりするのは良くない。その点でこの本は、突っ込まれる隙を与えないために最大限の努力をしたことが感じられました。

そんな努力によって書かれた本の結論を、ここでさらっと書いてしまうのははばかられるので、サワリだけ書くと、安部内閣や彼らのバックにいるのは、とある宗教団体をベースにした学生運動からはじまり、その宗教の本流でないところで発展し、生き延びてきた人たちなのだそうです。信じるものがあって、実践し続ける努力をしてきた人たちは、強い。私は彼らの考えが間違ってると思うけど、私が正しいと思う人たちの団体で、そこまでの努力ができた人がいないから、今の日本の政治は現状のようになっているんだ、ということがよくわかりました。

ただ、自由を重んじる考えの人たちは、人を縛ることをよしとしないから、どうしても離散方向に向かいがちという気がします。私が支持したいのは、いろんな人たちがめいめい好きなように生きられる社会なんだけど、カタマリのようになって何十年もしぶとく活動することが、私たちはとても苦手なんだ。だから、信じる力が強い人たちと真っ向から戦って勝つのが難しい。

この本に書かれていることが、この先どうなっていくのか、とても気になります。調べてくれてありがとう、よくわかった、ではどうする?を考えて行動することが、読者に必要だと思うけど、まだまだ私にはわかりません。

August 04, 2016

佐々木健一「辞書になった男 ケンボー先生と山田先生」354冊目

すごく面白かった。
三省堂の「三省堂国語辞典」と「新明解国語辞典」の編纂をそれぞれ主導した、ケンボー先生と山田先生の、辞書に関わるあらゆるエピソードをかき集めて、辞書を版ごとに精読し、浮かんできたヒントを丁寧につなぎ合わせて、ひとつの大きな物語を突き止めた、という感じ。
その努力と結果のほとんどは、著者が職業として作っているテレビのドキュメンタリー番組として結実し、それに後日談や出し切れなかったことを加えて書籍化したのが、この本です。

 さすがディレクター。映画でいえば監督です。
絶妙な構成で、読者を筆者に共感させ、魔法のように感動させていく。さすがです。今村昌平的な人の悪さをチラリと感じさせるくらい、感動させるのがうまい。この人のつくる番組も、きっと面白いんだろうなぁ。
この膨大な調査を一人でやるのはほぼ無理だと思うので、番組制作のおかげでこの本も生まれたんだと思いますが、これだけの筆力があれば小説なんかも書けるのでは?という気もします。
もしまた本を書いたら読んでみます。

June 26, 2016

萱野稔人・小林よしのり・朴順梨・輿那覇潤・宇野常寛「ナショナリズムの現在」351冊目

これは面白かった。
最初の、5人の対談が特に面白い。5人バラバラに見ると、アクが強いな〜〜と思って引くことも多いのに、3すくみ、ならぬ5すくみというか、あっちに偏りこっちに尖っている意見が、大きな円のなかにすっぽり包み込まれたように、生き生きと前向きに感じられてきます。なんかすごい。

言葉に引っ張られるな。えらそうにテレビやネットで批判をくりひろげる人たちの意見の本質を見抜け、中身のなさを突け。自分の目で見て頭を使って疑え、考えろ。日本が、自分が、今こうなっているのは誰のせいだと責める暇があったら、何をどうすればいい方向にいけるのかを提言できる大人になれ。
この本の伝えたいことを、そんなふうに私は受け取りました。

図書館で借りちゃったので返すけど、この本はもう少しゆっくり読み直してみたいです。

June 21, 2016

C.ダグラス・ラミス、姜尚中、萱野稔人「国家とアイデンティティを問う」350冊目

わりと面白かった。
この3人が、国家って何よ、国民って何よ、といったことを議論する、わずか60ページの岩波ブックレットですが、それぞれの立場がそのままそれぞれの意見を形成していて、やっぱりいろんな立場の人と話をしないと面白くないなぁ、と実感します。

ろくに選挙にもいかずに「国が悪い」「政府が悪い」という人たちには食傷していて、国籍ってのは選べるものなんだから、嫌ならお金をためたり資格をとったりして外国籍をとって海外に行っちゃえばいい、と思うのですが、「それでも住み続けるの当たって」の覚悟を持つのも潔い事だと思います。

萱野稔人「ナショナリズムは悪なのか」349冊目

津田塾大学に総合政策学部というものができるらしい。
社会科学系の学科は国際関係学科しかなかった。
そもそも学部が一つだけだった女子大に、いまなぜ新しい学部が。
その謎をとくのが、同大学きっての著名教授、萱野稔人ではないかと思って、読んでみました。

この本自体は、うすっぺらい感覚的なナショナリズム批判を批判するもので、根拠も検証もなにもない議論が嫌いな私としては存在意義はあると思うんだけど、批判だけの本って読んでもあんまり面白くないですね。

むしろ批判される側にたって持論を繰り広げる本を読んでみたいと思うので、次にいきます。

June 15, 2016

ジャニス・P・ニムラ「少女たちの明治維新 ふたつの文化を生きた30年」348冊目

面白かった!
津田梅子や山川捨松のことを書いた本は何冊か読んだけど、どれも偉人伝ばかりで、この本は彼女たちの肉声をたっぷり拾い上げていて、ここにきて初めて彼女たちに出会ったような気持ちです。
生まれ育ちから渡航、お人形のようにどこに行っても注目され、可愛がられる少女時代、帰国後の手のひらを返したような孤立、充実の中年期から晩年。この二人に永井繁を加えた3人の一生を思って、涙がでました。

どうやってこんなに調べられたんだろうという驚きでいっぱいなのですが、アメリカ的なドキュメンタリー手法なのかもしれません。徹底的に調べて詳細までがっつり書き綴る。日本ではあえて書かないような、当時のアメリカ人になりかわったかのような身分トークや「私が一番!」という少女らしい自慢も書いてあって、ひたすら高潔なだけの梅子のイメージを持っていると、最初は「ええっ」と引いてしまうのですが、最後には、ああやっぱりこの人も、私たちと同じような人間だったんだ、と感動します。

すごくすごく良い本です。このまんま連続テレビ小説にして、魅力的な若い女優さんたちに演じてほしい。そしたら彼女たちのことを、みんな本当に好きになると思います。

より以前の記事一覧