本)経営・ビジネス系

March 31, 2017

ヨリス・ライエンダイク「なぜ僕たちは金融街の人びとを嫌うのか?」394冊目

原題は「Swimming with Sharks: My Journey into the World of Bankers」、金融の海に飛び込んでサメどもと泳いでみた って感じでしょうか。

私はバブルまっただなかに大学を卒業し、成績優秀な学生の多くが金融に行った世代なんだけど、その後ベアリング、山一証券、北海道拓殖銀行が破たんし、都銀がどんどん合併して、リーマンショックが起こり・・・というのを経験した世代でもあるので、金融って大変だなぁと思ってきたし、金融の人に対して好き嫌いの感情を持ったことはありません。なので、私にはまったくピンとこないタイトルなわけですが、他の人はどうなんでしょう。

前置きが長くなりましたが、感想としては、動かしてるものがお金でそのボリュームが膨大だという違いはあるけど、欧米式の大企業の中ってどこも同じような感じだなぁと思いました。
私がいたIT企業は、やってることは違うけど「クオンツ」のような人がいっぱいいたし、カンファレンスの壇上でカッコよくプレゼンをするPMは「ロックスター」に近い。法務や財務のバックオフィスの存在感はちょっと違うかな、IT企業の法務やコンプライアンスはけっこう力を持ってると思うので。何を売っているかが金融商品よりはわかりやすいし、紙幣を印刷するようにフロッピー(すみません古くて)をコピーしてすごい利益率をあげてたから、当局に目をつけられて独禁法の縛りも厳しかったんだよな・・・。

個人的には、当時「うちの会社って嫌われてるなー」という感じがかなりありました。つまり・・・「大丈夫、嫌われてたのは金融だけじゃないから!」(←なんか違う方向に行ってるw)。
嫌われるってことは、たとえば親が金融やITで豊かな生活をしている子どもが、学校でいじめられることもあるということでもあります。反感が強い人ほど、自分のいじめを正当化する力も強い。いい思いだけしてる人なんてそんなにいないんじゃないだろうか、というのが私の基本的な考えなんだけど、どうなんでしょう。

「1人1人を見るとどうしてこんなことになったのかわからないが、システムが悪いんだ。」と著者は村上春樹の小説みたいに締めくくるんだけど、システムというのは人間の欲望や善意や悪意が集まって出来てしまう「総意」のようなもので、規模が大きくなればなるほど自分で自分を縛って変化ができなくなるもんだ。金融業界の“巨悪”システムを切り崩すものが今後出てくるとしたら、別の巨大な“システム”である警察やら監督機関とかじゃなくて、もっと使いでが良くて手数料の少ない金融サービスを提供する、小規模で小さいビジネスによる、いわゆる破壊的イノベーションなんじゃないのかな。(それが巨大化してそのうちまた“システム”になる)

だからバブルには乗っかれ、という結論ではないです。バブルもイジメもない、ちょい貧しいけど平穏な世界に隠遁したい、というのが私の本音かな・・・。

May 02, 2016

佐々木圭吾・高橋克徳「イキイキ働くための経営学」340冊目

新卒3年目くらいまでの若いサラリーマン向けというかんじの、初心者?向けビジネス書。
「経営学とは」「組織論とは」といったことを、ざっくりざくざく解説しています。
広く浅く、これだけでは「ちゃんと理解すること」はむずかしそうですが、”もやもやとした不安”を抱え始めた人にとっては、経営について考え始める格好の入口になりそう。

なるべく若いうちから、自分の個性を生かせる道を考えられるようになると、年をとってからが少しは楽なんじゃないかな・・・。

December 19, 2015

デービッド・アトキンソン「イギリス人アナリストだからわかった日本の「強み」「弱み」」327冊目

1冊目の続編ではなくて、焼き直しみたいな本だ。
同じことが繰り返し語られてて、ちょっと飽きる。

繰り返し語られることを聞いているうち、日本人の働き方について、この人には心情的に理解できないことがあるんだな、ということがわかってきました。

勤勉で優秀な労働者と、ろくに働かない経営者・・・というのはその通りだけけど、私たちの多くは”いい仕事をすること”が何よりの喜びで、レジャーで海外旅行に行っても、ビーチで1週間のんびりというのが苦手で、細かい予定をたてて忙しく出歩いてしまう。人がほめる史跡やレストランに行って、「本当に素敵ね」と確認することで喜びかつ安心する。いつか偉くなってのんびりしようと思うくせに、本当にそうなってしまうとなんだか寂しくなる。そういう性格なんだから、合理的な無駄のない手法、つまり、楽して儲けるということに共感できない。

デービッドさんは、もっと楽して儲けろと言ってるんだけど、はなからそんなつもりはないわけなので、みんなで集まってわさわさと仲良く仕事をしていたいし、お前だけ楽して儲けやがってと言われるくらいなら、安心を選ぶ。なんとなく、ゴールがちょっと違う気がする。楽して儲ける方法を教えてもらって、初めて、いままで苦労しすぎてたなと気づくけど、ちょっと悪いことをしてる気もしてるんじゃないかな、部下の人たちは。

仕事のしかたや生き方は変わらないと思うけど、そうやってえんえんと暮らしている間は、本当に成果をあげることが必要な場面で結果を出す方法が身につかないのは確かだ。文化財をちゃんと守る方法を、デービッドさんに教わらずに確立することはできなかった。(そうなったら、まったく残念だとか、政府は何やってるんだとか文句はいうけど、反省もしないし、どこかそれをすでに受け入れてる)地震や台風の来る国で、木と紙でできた家で暮らしてるからには、はなからそういう覚悟で生きてる。それが外国から見るとじれったくてたまらないのかもしれない。

本全体として見ると、あまりまとまりがなく、前作より言葉がきつく?なった感じの本でした。
銀行の偉い人とかじゃなくて、もっとまともな議論のできる日本人と親しくなって、もう一段上の鋭い批評をしてくれるのを待ってます!

November 20, 2014

三澤一文「トヨタ式リーダー育成法」274冊目

もはや、自分がビジネススクールに通ってたことなど忘れそうになっていて、こういう本のタイトルを見ると、なにか遠いもののように思える…

でもいい本でした。こういうタイトルがアピールする人もしない人も、なんらかの組織に属していれば遭遇する、普遍的な問題を解決するヒントを、丁寧にわかりやすく解説した本です。

”過去の成功体験に縛られて、現状を直視できない”なんて、会社に限らずあらゆる人間集団に起こる問題で、解決が簡単ではないことも明らかです。この本では、外部コンサルタントが関わることで、日本ではとても大事な”誰も傷つけずに誤りに気づかせていく”という手法を試みます。

もしかしたら、問題に気付くのって意外と簡単なのかもしれない。人の気持ちを動かして、解決への筋道をつけることが難しいんですね。
この先、そういう問題が起こった時にもういちどこの本を開いてみよう、と思います。

September 28, 2014

高橋克徳・河合太介ほか「不機嫌な職場」317冊目

職場の中の人間関係をどうやってよくして、協力体制を生み出せるか?
というのは永遠の課題かもしれないけど(だって利害関係があるわけだから)、テーマがそこに絞れているところに興味をもちました。

問題点の分類の仕方や解決方法が、「どうしてそこ?ほかにも気になるところがあるけど、なぜそこ?」と感じられることが多く、感じ悪い言い方をすると「MECEじゃない」
という印象です。
評判情報の共有。目標の共有。金銭でないインセンティブ。
ほかにもあるだろうし、これらが最も重要なのかどうかはわからないけど、むしろ「最低でもここだけは」というポイントなのかもしれません。

興味深く読みました。自分の組織にどう取り入れられるか?と、小さい単位からでも始めてみると良さそうです。会社のポリシーなどは経営レベルにいなければ考えてもしょうがないのが事実だけど、組織論は3?4人の組織でもできることだから。

February 22, 2014

南場智子「不格好経営」298冊目

言わずと知れたDeNA取締役の南場さんの著書。
走って走って走り続けてきた、走り続けている、彼女と彼女の仕事のことが、明るく楽しく描かれた本です。(大変だったことも含めて)

パワフルで前向きで、どんな困難にあっても諦めないすごい人だと思い、尊敬してるけど、わからないのは、オークションはともかく、人の弱い心と小さい財布を刺激する、アイテム課金型ゲームっていうのは、作っていてやましい気持ちになったりしないのか?ということ。
なったんだろうか。なったから教育アプリに本腰を入れたんだろうか。それまでは、とにかく受ければいい、売れればいい、のか?

立派なことを言うつもりはなくて、アイテム課金ゲームはあってもいいと思うし、それを作って売ることに一生懸命になる人もいるだろうけど、そこには”世のため人のため”っていう大義名分はまったくないのかな、あるのかな、と思う。小さい会社とはいえ、全員が熱い気持ちで取り組めるもんなんだろうか。

私は、個人的には、なにか人の役に立ちたいっていう気持ちでしか熱くなれないんだなー、ということがよくわかった1冊でした。

July 10, 2012

宮永博史「幸運と不運には法則がある」274冊目

宮永先生の最新書籍です。
あまりに次々に出るので何冊目かわからなくなりましたが、今回も新ネタたっぷり、手抜きなく読む人にやさしい良い本です。

細かいエピソードは本を読んでいただければわかるので省きます。一貫して、イノベーションを起こさなければならない研究者や開発者を励まし、いたわり、迷ってしまったときの指針を提示しています。

著者自身が、迷いつつ努力して努力してやってきたことが、本のどこを見ても伝わってきます。努力ということばにアレルギーを感じる人にはとっつきにくい本かもしれないけど、そんな人も本当はどっかで努力してるのかもよ。

とはいえ、ビジネス書を読むことは少なくなりました。これからちょっと別分野の本を読んでみようと思っています。
さてどうなるか。・・・以上。

May 06, 2012

田中正道「ボイス-ソーシャルの力で会社を変える」269冊目

ボイス=voice、声ですが、この本ではユーザーボイスつまり「お客様の意見」のこと。

キヤノン、ソニー、マイクロソフトを経て独立した著者が現在手掛けているのは、企業が顧客から寄せられた意見を最大限に自社ビジネスに生かすためのコンサルティングだそうです。そしてこの本は、そのコンサルティングビジネスを立ち上げるに至った背景、目的、ターゲット企業にとってのユーザーボイスの重要性、ゴールなどをまとめたもの。ターゲット企業に対して、自社サービスの詳細以外に伝えたいことを1冊にしたという感じでしょうか。タイトルだけ見てクリス・アンダーソン「フリー」みたいに、1つのキーワードのアイデアについてつきつめた本かと思ったら、ちょっと違っていて、ソーシャルメディアやコミュニティを介したユーザーボイスの収集・分析(これが中心)+企業どうしの協創によるイノベーションなどを、ビジネス本を読み慣れない人にもわかるように解説しています。

ユーザーボイスを企業が本当に生かすのは、きわめて難しいんだろうなと思います。たとえば「こうしてほしい」という意見を集めて、多い順に実現しても、ユーザーは欲しいと言ったものを全部買うわけでもないのでまず成功しない。…ということは経営の勉強をする人にはもはや常識です。企業や研究者は、ペルソナを作ってみたり、密着調査をしてみたり、ユーザーが「買ってくれるもの」を求めていろいろな手法を編み出してきました。著者が着目したのは、雑多なユーザーボイスの生かし方なのですが、その中でも特に重要視しているのは、ボイスをツールで解析し、その結果を人間が分析し、各部署が協力して生かしていくための「システム作り」です。ソフトウェアにできることは最大限にさせておくけれど、結果の分析には熟練が必要であることを認め、その上で外部の専門家だけに任せずに組織が一団となって努力することが何より重要だといいます。

会社全体で成果を最大限にするための仕組みづくりって、簡単じゃないです。お客様の声を生かすと決めても、全員で片っ端から意見を全部読んで会議をするというような方向にいきがちじゃないでしょうか。コンサルティング費用がゼロでも、休日出勤のコストがかかったり、結局成果を出せなかったりしているかもしれない。データってのは取り方、分析の仕方、読み方によって価値がまったく違ってくる…ということは私も前の会社で学びました。スキルを身につけていくものなんですよね。だから最初だけは外部の知恵を借りるのが有効なこともあるのでしょう。

あらゆる業界に同じ手法が有効なわけではないと思うけど…うーん…またデータ分析やってみたいなぁ(←意外と好きだったらしい)

今日はそんなところで。。。

November 13, 2011

P.F.ドラッカー「マネジメント」上・中・下305

なんでも書くブログですみません…
いちおうビジネススクールの類に行った人間として、TVアニメ版の「もしドラ」しか見てないのは都合が悪い、ということで読んでみました、この大著。全部で1000ページ近くあります。

一言で感想を書くべき本でもないと思いますが…思うに、何らかの形で経営とか業務上の管理とかに携わっていて、一度ちゃんと勉強してみたいと思った人なら、がんばって読んでみるといいと思います。

ドラッカーは完全にアカデミックな世界の人で実務経験がありません。(ごく短期間、新聞記者をやってたらしいですが)そういう立場でなければ言えないこともあるんだな、と、読んでみて思いました。一度成功したけれど、今後じり貧になっていくことが目に見えている事業をすっぱりやめろ、とか…当たり前のことでも、経営経験者だと自分のことのように思えてなかなか言えないものです。そういう責任を負わない第三者の言葉が必要になった経営者が、背中を押してもらうための本。

大著だったけど、その分もれなく重複なく分析結果が書かれています。私がレポートで苦労したグローバル企業の経営のことも、この本くらいは読んでから書き始めればよかったなぁと思ったりします。今後も仕事で悩んだらひもといてみよう。そういう、一本筋の通った実直な本でした。以上。

ほか

October 01, 2011

畑村洋太郎「失敗学のすすめ」289

「失敗学」ってのは「サクセスストーリー」の対極にあるもので、畑村先生によると失敗を客観的に記録したり分析したりするのではなく、失敗を引き起こした人自身の目線で、どうしてそういう判断をしてしまったのか、ということをつきつめる学問らしいです。

一度読んでみようとずっと思っていてやっと読みました。震災のずっと前から三陸海岸を歩きまわって、昔の人が建てた「ここより下に家を建てるべからず」という石碑の下に家が建っていることをこの本で取り上げていたことが知られていて、いまは福島原発の事故調査委員会の委員長を務めています。

正直、期待してたのですが、この本はちょっぴり肩すかしな感じでした。わりと「今の日本はだめだ、外国に学ぼう」という論調が目立ちます。よい失敗データベースを適切に作れば失敗が減らせると書いていたり。失敗する人の側からの分析をするなら心理学とか人間工学の研究も必要な気がするけど、具体的な分析についてはあまり触れられていません。これは最初に導入編として書かれた本で、その後もっと詳細な分析が行われたのかもしれません。この本では「失敗学」というものを宣言し、実際に失敗を減らす方法や減らせたというケース報告は別途…だったのでしょうか。実績を出すのはとても難しいと思うので、私も参考にしながら気をつけます。。。以上。

より以前の記事一覧