本)映像関係

February 28, 2016

ミシェル・スィコタ/フィリップ・ルイエ「ミヒャエル・ハネケの映画術」334冊目

映画をよく見るようになってから尊敬している、カンヌの最高賞2連覇の巨匠ミヒャエル・ハネケのインタビュー集。いったいどういう神の視点を持ってる人なんだろう?って思ってたので、興味津々でした。

この本はハネケの全映画作品についてひとつひとつインタビューを行った記録です。
インタビュアーは著者欄の二人の映画評論家、映画史研究者。きわめて深くこの監督作品を見ているし、それ以外の映画やフランス文化、歴史などの理解が深くて、それに比べると極東の私はほとんどイノセントな傍観者みたいなものです。インタビュアーがときに、監督に否定されることを覚悟しつつ、映画の解釈を試みると、案の定監督は「そういう見方もあるが、映画というのは観客それぞれが解釈するものだから」とくる。それにしては、演出スタイルはかなり細かく自分の理想をそのまま演じさせるもので、自由に演じることに慣れているアメリカの俳優などはかなり反発したらしいです。神の視点を持つ監督だから、鷹揚に構えて何でも笑って聞き流すかと思ったら、わりあい気難しい人かなと思いました。

・・・そこで思ったのは、めちゃくちゃ変わった映画を撮るアレハンドロ・ホドロフスキー監督と、話す感じが似てるなぁということ。かたやパルムドール連続2回、かたやカルトの帝王。二人ともアクが強くて万能感が強い印象です。ある意味二人とも、映画においては神。

この本で取り上げられてる映画は、日本では手に入らないものも多そうだけど、主要な映画作品はレンタルもしてるので、片っぱしから見てみようと思ってます。

October 24, 2015

本谷有希子「この映画すき、あの映画きらい」307冊目

やまだないとの映画感想本に近い感覚。
この人の原作の映画(腑抜けども、悲しみの愛を見せろ)がすごく面白かったので、きっと面白い人だろうと思って読んでみました。
予想通り、おおむね私と近い感覚でした。カワイイカワイイとか感動感動とかに抵抗を感じる、ひねくれたかんじ。
ただ、感想を書くために見たくない映画もわんさか見てるので、この人を理解する上ではいいけど、やっぱり私は見ないだろうなという映画も多いです。

June 23, 2013

立花珠樹「あのころ、映画があった〜外国映画名作100本への心の旅」288冊目

映画はもともと嫌いではなかったけど、今や自他ともに認める映画マニア…といっても過言ではない私です。昨日も映画館ハシゴして3本見たし。

きっかけになったのは、2年前に読んだ「「あのころ」の日本映画がみたい!」。私を映画好きに変えたこの本の洋画編が、満を持して登場です。
立花さま ご贈呈をありがとうございました。

映画というのはまず、人間を描いたものです。だから自分に合うものもあれば、合わないものもある。多くの人が「良い」と言う映画は実際おもしろく感動的なものが多いと思うけど、価値判断として「点数が高いもの」が自分にとって大切な映画になるとは限りません。この本の魅力は、著者があくまでも主観的に“自分がその映画のどこを、どう魅力に感じたか”という観点から書いていること。だから、趣味が合えばバイブルになるけど、合わないと感じる読者もいるかもしれません。私は前述の「日本映画」で紹介されている映画はだいたいどれも面白いと感じましたが、カッコよすぎる男の映画だけはダメだな〜と気づきました。(具体的には、高倉健とかハンフリー・ボガードとか北野武とか、)みんなそうやって、映画をたくさん見て、自分に気づいていくと良いんじゃないかな、と思います。

それと、映画ってのは“総合芸術”と呼ばれるらしく、脚本に演技に音楽に美術と、たくさんの要素が含まれています。映画を見ていいなと思う部分は、ストーリーだけじゃなくて役者さんの魅力や、カメラワークや、衣装だったりします。衣装しか印象に残らない映画はダメだ、ということはなくて、自分にとって一番印象に残ったところを、大切にしていけば良いのではないかと思います。

私は面白い映画を見ると、気になった役者さんや監督の映画をそのあと続けてどんどん見てますが(そうやって見たい映画リストが際限なく長くなっていく)、そうすると日本映画のちょっと古いものって、よほど名画と言われているものを除いて、非常に入手が難しいことに気づきます。それに比べて外国映画は、かなり古いものでもどこかで見つかる確率が高い。映画館、廉価版DVDやリマスターBlue-ray(VHSまで広げるとさらに入手が簡単)、インターネット上の著作権切れ映画アーカイブ…などなど。そんな恵まれた環境にあるむかしの外国映画、もっと見ようではありませんか。(なんのプロパガンダだ)

そうやって映画と出会ってここ数年で私が好きになった人たち…新藤兼人、園子温、マレーネ・ディートリッヒ、ハロルド・ロイド、“好き”じゃないけど惹かれるヒッチコック、ポランスキー、今村昌平、ピーター・ローレ、ジェラール・フィリップなどなど。見たことがなかったロシア映画や韓国映画の魅力とも出会いました。

そして、見れば見るほど、批評などというおこがましいことはそうそう自分にはできないなと思っています。私は「映画愛好家」、「感想文書き」でいたいだけで、批評と感想は違うんだなっていうこと。私は読むほうも、主観たっぷりのものを読むほうが好きなので、立花さんにはこれからもずっと好きなものを取り上げた主観たっぷりの文章を書いてほしいなと思っています。

June 23, 2012

新藤兼人「ひとり歩きの朝」本の271冊目

人間たちの生きざまを立体的に構築するのに長けた名監督の、ひとり語り。3ページずつのごく短いエッセイ集での新藤監督の“身の置きどころ”が映画のようにはつかめなくて、ちょっともどかしい本でした。映画「三文役者」にちょこちょこ監督自身が出演しているところがあるのですが、あくまでも遠目のロングショットで短く現れるだけ。人のことを語るのが仕事なので、自分のことをさらけ出すのはあまりお好きではなかったのかもしれません。

感想としては、なんだか寂しい本でした。
「三文役者の死」の温かさ、軽妙さと対照的です。この違いは、乙羽さんがそばにいるかどうか、なんでしょうかね。

長生き=幸せというより、デフォルトで孤独、悪い意味で。…という印象さえ受けます。何十年も信頼しあっていた友人がひとりひとり去っていく。うつ病ではないかと感じさせるほどの寂寥感が、本の中から悪霊のように立ちのぼってきます。。

確認したところ、「三文…」が書かれた1991年から、この本の元になった新聞の連載が始まった2000年の間、1994年に乙羽さんは果たして亡くなっていました。男って妻がいないと途端に弱くなるのね、と見るか、それとも、男って妻にそこまで頼りきって女のおかげでそこまで強さを保てるなんてうらやましい、と見るか。(書いてる私は後者だ、という意図が丸見えですね)

ひとりってのは寂しいものなんだろうか。
人はみんな(双子や三つ子でなければ)ひとりで生まれてひとりで死ぬ(大災害とかでなければ)。ひとりが寂しいのは、ひとりだからではなくて、心の中に大きな隙間があるからじゃないかな。
最後に近い「友情」という章の冒頭で“ながく生きることは、友を失うことでもある。つぎつぎと友が消えてゆく。その寂寥はどうしようもない。”といいます。40数年しか生きていなくても、小さいころにテレビに出ていた人たちが次々に死んでいきます。新藤監督も逝ってしまいました。だいぶ前に母は逝ったし姉の女の子はわずか5歳で天に召されました。亡くした人の数が問題なのではないと思うけど、ある程度の量に達すると質も変貌するのかもしれません(なんか科学書にでも書いてありそうなことを私ったら)。

さて、この本を読んで調べてみたくなったことがいくつかあったので、メモしておきます。
「読書の楽しみ」から。“チェーホフの「かもめ」を読めば、テネシィ・ウィリアムズの「欲望という名の電車」を読んでみたくなる。その対比はわくわくするほど興奮する”…両方読んでないので、読もう。

「小倉の巨人」で松本清張の「下山国鉄総裁忙殺論」「推理・松川事件」にふれている。ドキュメンタリーなのかな。これも読んでみたい。

「猫劇場」でロシアの猫サーカス“クララチョフ猫劇場”に触れている。
動画を見てみると、確かに芸をしていて面白い。

「妻を撮る」広島の監督、川本昭人が原爆症の妻を撮り続けた「妻の貌」…見てみたいけどTSUTAYAではレンタルしてないのね。

「アッセンデルフト考」でふれている“アッセンデルフト”とはトールペインティングの一種らしい。空想の絢爛たる花園のようで不思議な魅力があります。

「神か人か」福島瑞穂(政治家とは同姓同名の別人)の絵。ググってみたら、もう暗黒絵画ですね。幽霊とか悪魔とかのイラストを描こうとしてもぜんぜん怖くない私としては、うらやましいくらいです。どうやったらこんなに怖い絵が描けるんでしょう。

…つかみどころがない割に、得た情報が残る本でした。ということで、以上。

August 29, 2011

立花珠樹「新藤兼人 私の十本」277

ここが元は本のブログだったことが、忘れられてきた今日この頃。
この空前の(自分だけの)日本映画ブーム、いや新藤兼人ブームを生みだした張本人の立花珠樹氏の本をやっと通しで読んだので感想を書きます。立花さま 本のご寄贈をありがとうございました。

この本は、新藤監督の自選による自身の監督作品10本について、著者がインタビューする形で構成されています。その10本は以下の通り。各章に、一節だけでその映画の本質がわかるフレーズ(いずれも監督の言葉です)が添えられているので、合わせて引用します。

1. 愛妻物語「シナリオを才能がないと言われ、足が震えた」(1951年)
2. 原爆の子「アメリカに反抗的なものをつくっちゃいけない、と言われた」(1952年)
3. 裸の島「乾いた砂というのは、乾いた心なんです」(1960年)
4. 人間「内面には一つの毒を持っている。それが人間なんだ」(1962年)
5. 鬼婆「ススキの原に人間がザリガニみたいに潜んでいる」(1964年)
6. 裸の十九才「自分で自分を負けに追い込むな」(1970年)
7. ある映画監督の生涯「ふいに「田中絹代に惚れてるんだ」と」(1975年)
8. 落葉樹「セックスには神が宿っている」(1986年)
9. 午後の遺言状「あなたの見事なしわを撮りたいんだ」(1995年)
10. 一枚のハガキ「突き刺されて死ぬのは兵隊なんです」(2011年)

作品について語ってもらうことの中から、60年間の監督生活が浮かび上がってきますし、これは戦後映画史の一片でもあります。各作品インタビューのあとに関連人物の略歴、年表、作品集といった資料が載せられているのも便利なのですが、見落としそうなところに「老いても転がる石のように-「私」の新藤兼人論」という短い評論もおかれています。実はこれが総括で、監督としての仕事や人物像を全体として語っている重要なところなので、お見逃しなく!

本全体を通じて、監督の心に寄り添って理解者・代弁者に徹していて、評価したり総括したりすることは最小限にとどめていると感じます。私は映画を見てから本を読んで、それから感想文を書きましたが、一通り終わってから今度は本の各章・自分の感想文の順に読み直してみました。面白いですね、こういう見方も。「ああそうだったな」とおさらいしながら、もう1ラウンド楽しめました。

映画はときどき見るていど、映画好きだと思ったことはない…という私がなぜか映像制作と関係のある仕事をするようになって、「映像って何なんだろう」ということをもっと知りたいと思ってました。一人の監督の作品を10本、監督インタビューつきで見るのはとても新鮮で、夢中になるほど面白く深い経験でした。

インタビューで、監督は1つ1つの映画をどのように意図して作ったかをよくしゃべります。「人間」で登場人物を牛や犬になぞらえていたなんて、監督に聞かなければわかりません。種明かしのようなそういう話もとても興味深く読めます。

インタビューで中心になるのは監督を取り巻く人物のこと。脚本家時代の溝口健二とのこと、最初の妻のこと、乙羽信子のこと、殿山泰司のこと、乙羽信子のこと、乙羽信子のこと、…まぁこの人の話が中心になるのは当然ですね。相棒であり最初の妻と母の分身であり看板女優であり。この二人の化学反応がなかったら新藤監督はどんな監督になったでしょう?たとえば、鬼婆という映画を作ったかどうか、作ったとしてもあれほどの鬼気迫る演技をしてくれる女優が見つかったかどうか、という点などは怪しいと思います。

新藤監督は、妥協をしないのですね。「あまりしない」じゃなくて「しない」。自分がいいと思うことをする。運や仲間やいろいろなことに恵まれてできた作品たちなんだろうけど、運をつかむのもその人次第だから、最低ラインとして、人の心を動かすほど真剣に一つのことを続けるってことが必要なのでしょう。映画に限らず。

新藤監督の作品は、若いころの作品にも「青臭さ」は全然ありません。常に地面に足をしっかり踏ん張っていて、無理がなく落ち着いています。でも若いころの作品には、差し迫った危機に立ち向かうとか、熱い情熱を形にするといった激しさがあり、年をとるにつれて涅槃に近づいていくような、おだやかな充足感が増していくように感じました。

私自身は映画の入門書のようなつもりでこの本を読ませてもらったので、ここまで時間をかけて10本の映画をこれから見るつもりでない人(もうほとんど見た、あるいは見る予定がない、とか)、つまり大多数である、私から見れば先輩(笑)のような人たちにどういう風にこの本を説明すればいいのかわかりませんが…。私にとっては「趣味は映画です!」と言える一線を越えるための重要な一冊となりました。

June 13, 2011

日本女性放送者懇談会・編「放送ウーマンのいま~厳しくて面白いこの世界~」247

放送の仕事に何らかの形で関わり、仕事をこなしてきた女性たちを幅広く取り上げて、それぞれ自分の言葉で語ってもらった本、です。編者の「日本女性放送者懇談会」というのは、さまざまな放送関連業務に従事している女性たちが、ジャンルや局を横断して研さんしあう会で、2009年にその発足40周年を記念して作られたのがこの本なのだそうです。

「放送」ってたとえば?…AMラジオに始まってアナログテレビ、FM放送、ケーブルTVや衛星放送、コミュニティFM、インターネットラジオまで取り上げています。「仕事」って?…ディレクター、プロデューサー、アナウンサー、タレント、編成、カメラ、編集、音響、二次展開、人事、営業、経営、気象予報士、タイムキーパー、フードコーディ
ネイター等、かなり広範囲にカバーしています。NHKも民放も、キー局もローカル局も、プロダクションの人もフリーの人も。

という幅広さなので、放送業界をざっくり知りたい人や、就職を考えている女子大生なんかには非常に役立つ本だと思いますが、それぞれの語りが熱くて、ドキュメンタリーのように訴えかけてくる言葉のコレクションでもあります。さすが放送の人たち、雑多なものをまとめて感動させるのがうまい。

「男の世界」として始まった放送業界の中で、女性たちがどうやって生き抜いてきたかという点も、印象深いところが多々あります。マイノリティである女性だけのこういう会の存在意義は、まだしばらくはありそうです。

印象に残った部分。琉球朝日放送で沖縄戦や基地問題をとりあげた番組を制作した三上智恵氏が、ジャーナリストやアナウンサーを志す人に対して言っている言葉「生きざまとして楽をしない」。「その年代年代でぶち当たる課題にぶつかってみる。…(中略)…自分の前の矛盾や課題に向き合い、逃げないこと、解決はできなくても、毎回自分で請け負う勇気が必要で、そこから、矛盾に向き合っている他の人たちのことで本気で怒ったり悩んだりできる人間になれると思うのです。」親戚付き合いが面倒だから結婚しない、とかではなく、ぶつかって悩むことで心のひだができる。といいます。

逃げ場を与えないコトバで、読んでてちょっと苦しくなりますが、見る人に緊張感を与える業界なんですよね。そういう生き方を選んだ人たちの世界なんだな。と。「第一線で働く」ってのはそういうことなんだと思います。

私はどっちかというと「生きざまとして(なるべく)無理をしない」方なので、こういう人の爪の垢を煎じて飲んだ方がいいのかな…。でも燃え尽きるまで走り続ける人だけだと、後始末ができないので、私は後方支援をする人間でいようと思います。と思ったりしたエネルギッシュな本でした。
以上。

January 10, 2011

立花珠樹「『あのころ』の日本映画がみたい!」238

入院してる父(映画好き)に送ってやろうと思って買ったのですが、あまりに面白くて自分用にもう1冊買うことにしました。

この本は共同通信の映画コラムをまとめて本にしたものです。年代を1950年代以前、60年代、70年代、80年代、90年代以降に区切って、それぞれの時代の映画の中から著者のハートを捉えた作品を取り上げて解説しています。しかし下記No.237と対照的に著者の超個人的な思い入れたっぷりの、人生が伝わってくるような本。こっちのほうがずっと役に立つし、面白いと感じます。自分と合うにしても合わないにしても、書いてる人の軸がくっきりと見えるので、「映画ガイド」としても便利。

どう「超個人的」かというと、著者自身の弁で”選んだ作品は大きく4つに分類される”とまえがきにあります。
1.犯罪者およびアウトローへのシンパシー
2.だらしない男、ダメな男など、泥沼のような男女関係へのこだわり
3.青春もの
4.喜劇に対する嗜好

・・・ね、面白そうな本でしょ?
こういう個人的趣味全開な執筆姿勢と、それを客観的に見下ろして分類できる冷静さが共存しているところが、読みやすさと親しみやすさにつながっているように感じます。

紹介してる映画が、基本的にすべて今DVDで手に入るという点も重要。いままで絶対見ることのなかった「女囚さそり」とか「ゆきゆきて神軍」とか、見てみちゃおうかな~~と思います。
そして、このブログがある日映画ブログになるかも、と予言しておこう。。。。
以上。

June 06, 2010

「ビデオ技術マニュアル」212

ビデオαという雑誌を読んでみたら、わりあいわかりやすかったので、同じ「写真工業出版社」が出しているビデオ撮影入門用のこの本を買ってみました。

ビデオ技術マニュアルというタイトルを見ると、ビデオカメラを買ってきた人が上手に運動会を撮影するのに役立ちそうだけど、そういう本では全然ありません。放送局における番組用ビデオ制作のうち、実際の撮影に関わる部分(企画~シナリオ作成や、放送にかかわる伝送技術とかは除外)の技術をいくつかに分類し、概略を述べたものです。

目次を見ると内容がよくわかると思うので、出版社のサイトへリンクしておきます:
http://www.shashinkogyo.co.jp/sk-betu/alpha/video-gi.html

まぁ素人(わたし)がいきなり読んでもわからないことが多いけど、「タイムコードの基礎」とか「MAシステムの基礎」とか、プロのビデオ制作で絶対に必要になる基本が説明してあるので、手元に置いてちょこちょこ参照するのに良さそうです。

プロを目指す入門者には得難い情報源ではないかと。各章を、それぞれ専門家が分担して書いてあるので、3000円という価格を出しても惜しくないのでは。

引き続き、映画やアニメーションの制作関係の本なんかも読んでみようと思います。以上。

ビデオ技術マニュアル

May 15, 2010

板屋緑+篠原規行 監修「映像表現のプロセス」211

たぶん大学の教科書として書かれた本だと思います(ふつうにAmazon等でも買えます)。
武蔵野美術大学の映像学科の学生が、卒業制作等で作った映像作品について、作者自身のことばでメイキングの経緯を記述してあるのが本の前半。後半は動画の歴史と基本を先生が説明しています。さらに、前半で記述された学生たちの作品をまるごとDVDに収録して添付してあります。
・・・という構成なので、まったく動画を作ったことのない人が初めて手にする入口として、とても適切な入門書だと思います。

切り口はいろいろあると思うけど、これは技術系の専門家でもなく、コマーシャルなコンテンツ製作者でもなく、オリジナリティを追及するアーティスト向けの入口。映像制作について知りたい人の中には、アートに興味のない人もいると思うけど、そういう人の場合は、「自分のイメージを実現するために技術的な制約をどうやって克服するか」というサンプルとして読めば興味深いのではないかと。

引き続き、技術書も読んでみようと思います。
以上。