映画)日本(80年代まで)

May 28, 2012

古澤憲吾「ニッポン無責任時代」352

※※映画ブログを移動しました。これからはこちらを更新しております。http://d.hatena.ne.jp/enokidakeiko/ ※※

1962年作品。
NHKBSでやってる「山田洋次監督が選ぶ100本」を録画して見ました。
おかげで、山本晋也監督による詳しい解説もあって、ありがたい。

ま~適当な映画だなぁ!・・・と楽しく、かつ苦々しく?見ました。
見るときの気分によるんだけど、私にはこういう映画で笑われるコツコツ社員のようなところもあります。今日はなんとなく谷啓になって「してやられたぜ」って感じ。
現実にはこーんな要領のいい男なんかいないし、ここまでだまされ続けるやつらもいないし、やれるもんならやって笑わせてくれよ、ってくらいなのですが。

植木等の底のない明るさがまぶしい。日本より湿度の低い、カリフォルニアかどっかで生まれ育ったとしか思えません。この種のアカルさは所ジョージにもみられます。(原田泰三はちょっと違います。)
ところでクレイジーキャッツはとてもカッコいい。植木等もすらっとしてスーツが似合います。ジャズバンドとしてまずクールで、知的な雰囲気があります。彼らが演じる高度成長期の敏腕サラリーマンはなかなかステキで、周りの女性たちは“お色気たっぷり”、ミッドセンチュリーモダン風の渋いインテリアのキャバレーの名前は「Madrid」・・・そんなところも素敵な映画でした。以上。

May 17, 2012

篠田正浩監督「はなれ瞽女おりん」351

1977年作品。

いい映画でした。
始まってからしばらくは、見てるのが切なくてたまりません。芸は一流だし、前向きに毎日歩いて行く彼女たちですが、外から見ている私たちには小さく寂しく見えるのです。

「ごぜ」というのは盲目の女性旅芸人。同じ立場の女たちが集まってひっそりと暮らしています。田舎の家々に呼んでもらっては、三味線を弾いて歌を歌っていくらかのお金をもらいます。弱い女たちが固まって生きていくために、男を知ることはご法度。とある宴席で酒に酔って男に夜這いをされた「おりん」はごぜ衆を離れて一人で旅立つ。それが「はなれ瞽女」。

哀れな境遇なおりんですが、映画のなかでおりんはカラっと明るく歌い、「男に抱かれてみたかったんだぁー」と言い、通りすがりの男に「帰らねえでくだせえ」とすがります。だけど岩下志麻だからちっとも下品になりません。なんとも清潔であかるく乾いた女性です。このあたりから見ているのが楽になってきます。

おりんは旅の途中で出会った男(原田芳雄)と合流します。彼はずっとおりんと行動を共にしますが、一切彼女に手を触れようとしません。

ミニマルな生活、って感じだなぁ。
夜這いってのは強姦なんだろうか。瞽女って障害者がだれからも守られずに、固まって自分たちだけで歩いて生きていくなんて大丈夫なんだろうか。…今の時代に生まれた自分の価値観がぐらぐらしてきます。

ところで。この映画の岩下志麻がとてもいいです。
強くて前向きな性格をもった女優さんだからか、ちょっとやそっとの辛い境遇にあっても、イヤなくじけかたをしない。変に汚れることもない。最後の最後まで、けろっとした顔をして、ひとりでどんどん歩いて行きます。男に抱かれて、大切な人を思って、懸命に歩いていきます。

この人は、下町の太陽だったのだわ…。
男たちもすてきです。原田芳雄の野性味、彼もまた澄み切ったような愛情の強さを感じさせます。憲兵の小林薫がつめたくてまたいい(新人だったらしい)。ごぜのお母さん役の奈良岡朋子のやさしさと切なさもいい。

なかなか今この映画をあえて見ようという人は少ないと思うけど、見てよかったです。以上。


May 10, 2012

篠田正浩監督「心中天綱島」349

1969年作品。

近松門左衛門の人形浄瑠璃(今は歌舞伎の定番的な演目)の映画化。タイトルを見て誰もが、不倫の果てに男女が心中していく様子を楽しみ?に見るわけで、心中する方もする方だけど喜んで見る方も見る方です。いまでいう、ケータイ小説のようなものでしょうか。世をすねた男女が切ない恋に落ちて、どちらかが不慮の事故か病気で死ぬ、みたいな。

おもしろい作品でした。
外国人が外から見たような日本的な美を、日本人たちが作った異色作、という感じです。人間ってのはあきれるほど愚かでせつな的だなぁと思う一方、常に画面のどこかにいる奇妙な黒子が場面に客観的な視点をもたらしていて、この美を自分たち以外の“観客”に向けて演出しているのは治兵衛と小春自身、という感覚を見る人にもたせています。

遊女小春の純情、義理でがんじがらめになっている紙屋治兵衛の弱さ。どうしてもこの人でなければと思いつめる、愛情というか執着というか性欲のものすごさ。夜中に墓場で髪を切り落とし、振り乱してもつれあう…というあさましさが、人の性というものなんでしょう。生命をつないでいくための営みは、父母たる男女の死につながっている。

紙屋治兵衛を演じるのは歌舞伎そのままに中村吉右衛門。優しくて情にもろい若旦那にぴったりはまっています。遊女小春と女房おさんの二役を岩下志麻。両方とも激情の女で、違うのは立場だけといっても過言ではない…と思います。

墨で書いた文字を拡大して壁や床に貼り付けた派手な舞台とか、“前衛的”な舞台美術なのですが、歌舞伎を見に行っていると思えばすぐにお芝居の中身に入っていけます。吉右衛門と岩下志麻の演技が端正だし、ストーリーも歌舞伎通りだし、むしろクラシックな印象もあります。

歌舞伎に数回だけ行ったことがあるけど、最初はシアターに感動し、着物やメイク、その他しつらえに驚き…と一通り儀式のようなのが済んだらやっと中身に入っていって、誰誰が可哀想だとかあれはあんまりだとか、最後は筋に夢中になっていきます。この映画も、異端的な趣向を用いていても普遍的なストーリーの作品で、美術を楽しみながらも自然と、人間というものに思いをはせてしまう正統派の名作だと思います。

以上。

May 09, 2012

黒澤明監督「七人の侍」348

1954年作品。
うう、面白かった。最高おもしろかったです。
207分という長尺作品ですが、夢中になって一気に見ました。
むかしからうっすら知ってた映画でしたが、実際に見てみて驚いたのは…
・あまりに長い、DVD2枚組、しかし飽きさせない。
・百姓が侍を「雇う」というありえない設定であり、そのために合戦に入る前の描写が長く取られている(その間に登場人物のそれぞれの人間性が観客に刷り込まれる)(「百姓」は避けるべき差別語という人もいるようですが、祖父が誇りを持って自分は百姓だと言ってたらしいので、気にせず使います)
・三船敏郎演じる「菊千代」がこれほど道化キャラだと思わなかった…(先に「隠し砦の三悪人」を見てしまったり、後年の大御所化した姿しか知らなかったので)

この映画での百姓は自然や災害や野武士(彼らのことばでは「野ぶせり」)の脅威にただ耐え、大事な娘や妻を差出し、地面に頭をこすりつけて武士に懇願する弱い存在です。今はこういう絶対的な身分差って日本にはないけど、100年やそこら、3代くらいの世代を経たくらいで完全に侍と対等っていう意識がもてるようになるんだろうか。とか思ったりする。

役者さんたちについて。
三船敏郎ってあまりに迫力がありすぎてちょっと怖かったんだけど、この映画の彼は大きい野生の犬みたいで、力を持て余してるけど優しくて可愛い。ちょっと好きになりました。
チーム侍のリーダー、志村喬は重厚さがすばらしいです。いつもの名わき役、加東大介は今回も、かしこくたくましく、生き延びていきます。この人の顔って日本人形だなぁ。少年侍は初々しい木村功・・・あれ、でもこのとき31歳だ!ストイックな剣豪は宮口精二。いろんな映画で、堅くてアクのある実力者を演じていて、この映画でも実在感のある演技をしてます。7人ののこり2人は千秋実と稲葉義男なのですが、温厚な性格が似ていてちょっと区別がつきにくかったです。

百姓側も個性派揃いで、左卜全演じるユーモラスな中年もいい味だし、いつも渋いじさまの高堂国典はやっぱりヨーダのような長老だし、美しい百姓の娘を演じる津島恵子(なんとなく高岡早紀に似てる)と、犠牲になった利吉の女房の島崎雪子は繰り返して見たくなるくらいステキです。

前半の群像劇もいいんだけど、後半の合戦は迫力満点。抑えることなくドッカンドッカン闘いますが、過剰に血なまぐさくならず私でも十分楽しめました。

安易なハッピーエンドでもなく、教訓めいた締めくくりでもなく、まさに傑作ですね。見てよかったです。黒澤作品、ほかにも見てみます。


April 22, 2012

中村登監督「古都」346

1963年作品。

この頃の作品が続きます。63年だけどこの映画はきれいなカラー。地味な着物の色合いもよく出ていますが、主人公の二人の顔色の白さと黒さも際立って、カラーであることが効果的。

主人公は岩下志麻の一人二役で、一人は呉服問屋のお嬢様。実は捨て子だったのだが、かしこく美しい娘に育っていた。彼女にはじつは双子の姉妹がいて、祇園祭の夜に神社で二人は出会ってしまう。もう一人は村の娘。生まれた家で育ったが両親は亡くなり、ひとりで日々働いて暮らしている。身分の違う姉妹は、再会を心から喜ぶが、行く道は交わることなく・・・・。

私が知っている岩下志麻は象印魔法瓶であり「あんたら覚悟しいや」であり、強い強い美人のおばさん、という役柄のイメージでした。「岩下志麻という人生 - いつまでも輝く、妥協はしない」という本を読んで(感想は後日)、あくまでもハキハキとイメージ通りの口調で、しかし内容は多感な女性らしさのを感じさせるのが、ちょっと意外にも思えていました。同じ女性として、強そうにしている女性ほど感受性が強いこともあると、わかっているのですが。

その謎がこの映画で解けました。
お嬢様の千重子は、まだまだ若くて可憐だけど、私のイメージ通りの正しくてまっすぐな女性。村娘の苗子は素朴で激しい感情を持ったパワフルで荒削りな女性。この両方とも、岩下志麻の中にあるんだな、と思ったのです。

千重子的な女性の役ははまり役だと思うけど、苗子のような女性をその後岩下志麻が演じたことはあったのかな?そっちをすごく見てみたくなりました。これからも、そういう女性を演じてみてほしいと思います。以上。

April 17, 2012

内田吐夢 監督「飢餓海峡」344

1965年作品。

この年に公開された作品が続きますね。
「いそしぎ」の1965年はベトナム戦争まっただなか、芸術家コミューンの自由な考えと牧師というお堅い世界の代表が一瞬クロスして、また離れていくという動きが、不倫ストーリーの裏にありました。「赤ひげ」は時代劇なのであまり時代背景を映していないのかもしれませんが、戦後に通じる貧しさがたぶん当時の観客の思い出を刺激したんじゃないかと思います。
「飢餓海峡」の映画の1965年は、戦後のどさくさの中で得たお金を元に、高度成長期の時流に乗って成り上がった人の過去を振り返る時代です。映画って他の国の映画と並べてみたり、同じ時代の音楽や流行と照らし合わせて見るとほんと面白いですね。

成り上がりの三國連太郎が、それでも本物の悪人には見えないところがぐっときます。
伴淳三郎と高倉健という二人の刑事のキャラクターの違い(前者は見たとおりの人情派、後者は融通の利かない頑固派)もぴったり。情念深くしつこい娼婦を演じた左幸子は、この映画でも芝居しすぎてる気がします…。こんな女ほんとにいたらやだ。と男の人なら思うに違いない。

過去を隠すために成功者が犯す口封じの殺人、というドラマはしょっちゅうある(土曜ワイド劇場ではとくに使いまわされてるような)けど、見るたびに思い出すのは「砂の器」。加藤豪の美しい目元を見てるとなんだか胸が締め付けられる…という感じが脳裏に焼きついています。大昔になんとなくテレビで見ただけですが。

面白かったし、心に残ると思うけど、左幸子がおばけごっこ?をする場面の演技や、高倉健が被疑者を疑う演技は、この映画ではちょっとしっくりなじんでいないような気もします。なんでだろう。ちょっとリアルな感じがしないのかな?

この映画も180分の長尺ですが、劇場公開時にはもっと縮められたそうです。切った部分がおばけごっこなら、私はプロデューサーに同意だな…なんて生意気言ってすみません。

ではまた。


March 18, 2012

降旗康男監督「駅~Station」341

1981年作品。

日本の港町の風情って、荒っぽくて強くてからっとしてて、いいです。うっとりするような、しかし湿っぽくならない情緒のあふれる映画でした。

この映画ってオムニバスストーリーだったんだな。
高倉健演じる、射撃の名手の警察官と、そのもと妻や、犯罪者の妹、港町の飲み屋の女や、彼の同僚などがからんできて、北海道の町々でひっそりと出会ってはすれ違っていきます。

年を重ねて一人で年の瀬を迎える孤独、というのは、たいそう寂しいものなのかもしれないけど、多分石ころみたいにそこらじゅうに転がってるものでしょう。あえてひとりでいることには多分理由というか事情があって、そのほうがいいこともある、のだと思います。「いい」というのは、楽だとかわずらわしくないという消極的なことだけではなく、楽しいとか嬉しいという心地よいこともあるかもしれません。血気さかんな20代30代の感覚でものごとを判断しないほうがいい気がします。

健さんは素敵だけど、妻のあやまちを許せずに追い出してしまう男ってことか…。ストイックということは自分にも厳しいけど、許されなかった人も一生辛いんだろうな。健さんに憧れる人にも、自分やほかのひとの失敗を認めるおおらかさを持っていてほしいな、とも思います。
今日はそんなところで。


松田優作監督「ア・ホーマンス」340

1986年作品。
新宿大ガードの下を中野方面からくぐって行くときの、オッペン化粧品のあじさいみたいなネオンとか、サクラカラーとかサンペイグッドカメラとか、上京したころに見ていた景色が冒頭から出てきて、フラッシュバックのような感覚をおぼえました。

時代の空気を映した若い映画と当時は言われたんじゃないかな。私より10歳、20歳若い人ならどう見るんだろう。私にはとてもリアルに、空気の冷たさや排気ガスのにおいも感じられます。

私はこの映画好きです。表に出ない人間味やあたたかさが伝わってくるし、松田優作と石橋凌が二人ともすごくいい。

石橋凌、若い!これが映画初出演らしいのですが、じつに自然です。(その後の映画は演じすぎてると言ってもいい)ヤクザの若頭に完全に見えます。ちんぴら、ではなく、わりあいオーセンティックで品のあるヤクザ。バンドマンだったのにどうしてここまではまってるんだろう。(はまりすぎて、その後の役がヤクザばっかりになってしまったのか)

松田優作の演じる役は、記憶喪失してるけどやけにめちゃくちゃ強い大男。最後にSFっぽいオチがあって、そこで鼻白む人もいるようですが、私はSFベースの人間ドラマとしてみたので、ふーんと思ったくらいでした。松田優作を見ても若いとか古いとか感じないのは、彼がこのあとすぐにあっちの世界に行ってしまったからですね。

今まで興味を持たなかった映画をなにかのきっかけで見てみるのって、やっぱり面白いなぁ。以上。


March 11, 2012

原一男監督「ゆきゆきて、神軍」338

1987年公開作品。

なんでこんな日にこんな映画を見てしまったんだろう。
善と悪と運命と人間と、いろいろな思いが渦巻いて混乱しています。

とにかく強烈な実録映画でした。あのマイケル・ムーアが史上最強のドキュメンタリーと評したのも無理はありません。

実在の思想家、というか活動家であった奥崎謙三という人を、カメラを持ってそのまま追いかけた映画です。この人自身があまりにも過激な思想家、活動家なのでそのクレイジーぶりがおかしく、怖くもあるのですが、根本の考えは戦場での真実を暴こうとするもので、理解できるところもあります。リアルに仲間を殺された本物の元軍人である奥崎氏は、1920年生まれだから公開当時67歳。彼が訪ね歩く上官たちは当時もう70~80代でしょうか。撮影されたまま彼は元上官に殴る蹴るの暴行を加えるし、上官の息子に発砲して逮捕されるし、上官たちは脅かされて当時の身の毛もよだつ状況を洗いざらい話していきます。日本軍内で本当にそんなことまで??と思いますが、極限状態で人は実際にそうなってしまうのでしょう。ここで詳しくは書きませんが。

この映画の中で暴かれている戦争の真実は、たとえば「日本海軍400時間の証言」にも通じる人間のおろかしさ。ただ、この映画はあまりにも乾いた日常的な現実の記録であって、効果音も台本もないし構成もほとんどただ時系列なので、感情をあおられることがない分、こっけいな感じもあります。わかりづらくもあります。こういう裸の映画ばかりだと見る方の努力が必要だけど、たまには良いです。生の映像や事実に力があれば、これだけでいい。

かなり勇気が必要だったけど、見てみてよかったし、撮ってくれてありがとうという気持ちです。以上。

January 19, 2012

久松静児監督「神阪四郎の犯罪」331

1956年作品。
いやーー面白かった!すごい映画です。

神阪四郎(森繁久彌)はある出版社の敏腕編集長。女好きでお金に節操がない彼の周りには、偉そうなくせに手癖の悪い作家や、男に遊ばれつつ自分もうまく利用している事務員や、貞淑を絵に描いたように見えるけれど計算高いところもある妻(新珠美千代)…。彼が使い込みで会社から訴えられた後、愛人(左幸子)と心中事件を起こして自分だけ生き残り、彼を裁くための裁判が始まる…。

この映画の評判を見ると、「羅生門のように、誰もが自分に都合のいいことばかり言って、真実は闇の中だ」というようなことを書いてる人が多いけど、そういう普遍的なテーマを何を使ってどう料理するかが映画です。このテーマ自体はほかにもいっぱいあるよ。
「12人の怒れる男」とか。(←これ「リーダーシップ論」の授業で見た)「鍋の中」とか。(←これ、映画化された「八月のラプソディ」より原作が好き)。

若いころの森繁ってほんとウサン臭い敏腕営業マン…というよりデパートの包丁売りみたいで最高ですね。凄みのなさが、たとえばヒットラーみたいな独裁者って現実にはこんな人だったんじゃないかなと思う。彼と、左幸子だの新珠美千代だのが平然と演じてるから見応えがあるんじゃないですか。この監督もすごいですね。人間のイヤらしさ、面白さを徹底的に公平に撮っています。役者さんたちも、ノリノリで演じてます。

森繁のすごさってのは…どんな場面でも…詐欺師でも誠実な男を演じていても、生き延びるために必死なんですよって顔に書いてあるところだ、と思う。嘘かもしれないけど真剣なんですよ、って。本当かどうかなんてどうでもいいじゃないですか、こっちは真剣なんですから。って感じ。

人間、大御所になんかなってしまったら、これほどつまらないことはないです。(極論ですか?)こういう軽みって身につけようとして着くもんじゃないから、一生インチキジジイでいてほしかったです。

左幸子のイっちゃってる神経症的な演技もすごいけど、むしろもうちょっと抑えてくれてもよかったです。

しかしこの年代の日本映画って、本当に面白いものが多いですね。黄金時代といっても過言ではなさそうです。
以上。

より以前の記事一覧