« えらいてんちょう「しょぼい起業で生きていく」467冊目 | Main | 齊藤成人「最高の空港の歩き方」469冊目 »

September 06, 2019

角田陽子「名門ホテルコンシェルジュの心をつかむ上品な気配り」468冊目

「おもてなし」って、いろいろだなと考えさせられました。優しくあたたかく迎えること、というのはとても大切なおもてなし。コンシェルジュというお仕事は、さらに、夢を叶える、日本での滞在を忘れられないレベルに引き上げる、というハードルの高いミッションなんだなと思います。仕事というものを、画一的にすることで効率を上げるべきと考えるとこういうお仕事はありえないけど、一生は一度だけ、一瞬一瞬を大切に生きようと思う人にはすごく大切なこと。私は仕事として、ビジネスとして、人を幸せにすることに携わっていけたらなと、改めて思いました。

数々のエピソードを読むうちに、著者の心構えに近づいていけそうな本でした。

« えらいてんちょう「しょぼい起業で生きていく」467冊目 | Main | 齊藤成人「最高の空港の歩き方」469冊目 »

本)全般・その他」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« えらいてんちょう「しょぼい起業で生きていく」467冊目 | Main | 齊藤成人「最高の空港の歩き方」469冊目 »