« 嵐よういち「おそロシアに行ってきた」436冊目 | Main | トーマス・フリードマン「フラット化する世界」上下438-9冊目 »

October 27, 2018

原田マハ「リーチ先生」437冊目

全くのフィクションなんですね。朝ドラみたいなものかな。
バーナード・リーチ、濱田庄司、柳宗悦、富本憲吉、高村光太郎・・・など実在の人物の中に、亀ちゃん、その息子、といったこの物語の中だけの人物が登場して、狂言回しのように彼らの努力を支えます。実に面白いです。素晴らしい彼らの陶芸の世界、そこに到るまでの若かりし頃の切磋琢磨、いい人しか出てこない美しく清らかな世界です。

 

実際にはもーちょっと周囲に計算高い人がいたり、妬み深い人がいたりしたかもしれないけど、とても熱く幸せな気持ちになれる小説でした。

 

この夏、初めて訪れてみた小鹿田と小石原の優しく静かな風景を、懐かしく思い出しつつ。
万人にお勧めしたい、良い小説です。

« 嵐よういち「おそロシアに行ってきた」436冊目 | Main | トーマス・フリードマン「フラット化する世界」上下438-9冊目 »

本)文学、文芸全般」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 嵐よういち「おそロシアに行ってきた」436冊目 | Main | トーマス・フリードマン「フラット化する世界」上下438-9冊目 »