« 堀武昭「愛と差別と嫉妬で鍛える英語」425冊目 | Main | 恩田陸「ユージニア」427冊目 »

May 12, 2018

恩田陸「中庭の出来事」426冊目

面白かった。立体的な織物みたいに、重層的に進んでいく物語。
あっちのお話とこっちのお話が関係していたり、あの人の話とこの人の話が違っていたり、ということが作者はとっても好きなんだな。普通に聞いている話が途中から化けていく「・・・え?」という驚きが。

トリックが現実的に可能か?というところはなんともいえないと思ったけど。
面白いものを書く、面白く読ませる、という読者の気持ちがよーくわかった素敵な作家です。

« 堀武昭「愛と差別と嫉妬で鍛える英語」425冊目 | Main | 恩田陸「ユージニア」427冊目 »

本)ミステリー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 堀武昭「愛と差別と嫉妬で鍛える英語」425冊目 | Main | 恩田陸「ユージニア」427冊目 »