« 鏑木蓮「京都西陣シェアハウス」398冊目 | Main

June 17, 2017

柴門ふみ「そうだ、やっぱり愛なんだ」399冊目

漫画家の柴門ふみが、長年雑誌などに書いてきたエッセイを集めた本。
先日たまたま、彼女の夫である島耕作、じゃなくて弘兼憲史のトークイベントに参加したら、これが抱腹絶倒の面白さで、妻はどんな人なんだろうと興味が湧いてきました。

当たり前なんだけど、家庭人としての暮らしは、それぞれ個性はもちろん感じられるんだけど、何か特別な訳ではなく、まったりと子供たちと言い争ったりしながら生活してきたんだなぁという感じです。

何かすごく訴えたいものがあって書いてるって訳ではなく、日々の徒然を書き留めたものなので、さらっと読んでしまいましたが、なんとなくいい感じでした。

« 鏑木蓮「京都西陣シェアハウス」398冊目 | Main

本)全般・その他」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 鏑木蓮「京都西陣シェアハウス」398冊目 | Main