« キャロル・オコンネル「クリスマスに少女は還る」379冊目 | Main | ジェフリー・ディーヴァー「ボーン・コレクター」381〜382冊目 »

February 04, 2017

浅倉卓哉「四日間の奇蹟」380冊目

とても丁寧に書かれた小説で、優しくて細やかな人が書いたんだろうなと思った。
小説のなかで起こる「奇蹟」は美しい。面白い小説だった。
けど、奇蹟が発覚して以降のヒロインが泣きすぎる・・・。
元々それほど生に執着していなかった女性でも、パニックに陥るのは共感できるけど、
私にはちょっと感情過多なかんじでした。(←とか言ってるやつに限って、いざとなると大泣きしたりするのかもしれないけど!)
最初のほうの描写が長いよう~と思って読んだんだけど、その後に起こることが自然だと思わせるために、さりげなく伏線を張ったり性格を印象づけるために、そのほうがよかったのかもね。

ミステリー要素もあるけど、ロマンチックな小説でした。

« キャロル・オコンネル「クリスマスに少女は還る」379冊目 | Main | ジェフリー・ディーヴァー「ボーン・コレクター」381〜382冊目 »

本)ミステリー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« キャロル・オコンネル「クリスマスに少女は還る」379冊目 | Main | ジェフリー・ディーヴァー「ボーン・コレクター」381〜382冊目 »