« 辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ」358冊目 | Main | 村田沙耶香「殺人出産」360冊目 »

November 29, 2016

村田沙耶香「コンビニ人間」359冊目

面白かった。ゲラゲラ笑えた。
でもこういう、“普通じゃない”人たちの本音をゲラゲラ笑うのって、非人道的なんだろうか。
最近、何がpolitically correctなのか、よくわからなくなってきました。

主人公の古倉(36歳女性)もなかなか強烈だけど、ロクデナシでゴクツブシの白羽って男の人物造形がうまい。リアルを超えて凄味さえ感じます。

こういう、明るく外れた世界を楽しく読める感じで描いた本が芥川賞をとるっていうのは、私から見ればいい時代だ。
もっと読んでみよう、この人の本。

« 辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ」358冊目 | Main | 村田沙耶香「殺人出産」360冊目 »

本)文学、文芸全般」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ」358冊目 | Main | 村田沙耶香「殺人出産」360冊目 »