« 中山恭子「ウズベキスタンの桜」345冊目 | Main | 米原万里「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」347冊目 »

May 25, 2016

児島 和男「ナスレッディン・ホジャのお話」346冊目

「ナスレッディン・ホジャ」というのは、日本でいえば一休さんというより吉四六さん。とぼけていて、馬鹿なのか賢いのかわからないトルコのおじいさんなのですが、先日旅行したウズベキスタンでも絶大な人気。みやげもの屋で、このおじいさんのいろいろな場面をかたどった人形を見ないことはありません。スイカを食べていたり、楽器を奏でていたり、"チャイハナ"と呼ばれる喫茶店でくつろいでいたり。あちこちに、ロバに乗ったおじいさんの銅像も建っています。常に顔いっぱいの笑顔。なんとも覚えにくい名前ですが、あまりにしょっちゅう見かけるので、帰国してから本を探してみたら、何冊かありました。

どのエピソードも、単純に笑える感じでも、賢さに感心する感じでもなく、微妙~なのが多いです。その辺が一休さんじゃなくて吉四六さんふう。それでも、当り前を疑ったり、視点がユニークだったりと、実に愉快なおじいさんです。中央アジアの人たちの気質が、少しはわかるかな・・・?

« 中山恭子「ウズベキスタンの桜」345冊目 | Main | 米原万里「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」347冊目 »

本)文学、文芸全般」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 中山恭子「ウズベキスタンの桜」345冊目 | Main | 米原万里「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」347冊目 »