« ガブリエル・ガルシア=マルケス「誘拐」336冊目 | Main | 大江健三郎「日々の生活の冒険」338冊目 »

March 11, 2016

三島由紀夫「獣の戯れ」337冊目

シリアス純文学の小品。
夫婦+若い青年の3角関係の物語ですが、純文学だと登場人物はもったいぶったインテリが無垢な若い誰かをもてあそぶ、こういう作品が多いんじゃないか・・・。
ちょっと不思議な耽美にはしっているようで、あまり入り込めなかったです。

« ガブリエル・ガルシア=マルケス「誘拐」336冊目 | Main | 大江健三郎「日々の生活の冒険」338冊目 »

本)文学、文芸全般」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« ガブリエル・ガルシア=マルケス「誘拐」336冊目 | Main | 大江健三郎「日々の生活の冒険」338冊目 »