« 小野正嗣「獅子渡り鼻」322冊目 | Main | 小野正嗣「森のはずれで」324本目 »

December 07, 2015

小野正嗣「浦からマグノリアの庭へ」323冊目

これはすごく良かった。
子どものような素直な気持ちで、この人が素晴らしい本や素敵な人たちに触れてさまざまなことを感じるのが、熱く伝わってきました。

どうしてこういう小説を書かないのかな?小説はどれも、うすら不幸な感じで、暗くはないけどちっとも明るくないのに。このエッセイは、熱く語られた本を何冊も図書館で予約してしまったし、マグノリアの庭に自分も招かれたみたいにうっとりとしてしまった。

ぜひぜひ!これを小説でもやってください。まじで。

« 小野正嗣「獅子渡り鼻」322冊目 | Main | 小野正嗣「森のはずれで」324本目 »

本)文学、文芸全般」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 小野正嗣「獅子渡り鼻」322冊目 | Main | 小野正嗣「森のはずれで」324本目 »