« 小野正嗣「九年前の祈り」321冊目 | Main | 小野正嗣「浦からマグノリアの庭へ」323冊目 »

December 05, 2015

小野正嗣「獅子渡り鼻」322冊目

せつなく深い小説だったけど、行き着くところがなかった。
漂ったまま終わった。
あまり手の入ってない昔ながらの漁港があって、昔から住んでる人たちには彼らなりの思いがそれぞれあるし、都会へ出て行った人たちにも、都会から戻ってきた人たちにも。
何も深く考えないで楽しく暮らしてる人って、いるのかな。そういう人がいじめっ子になるんだろうか。
ちょっと羨ましい気もする。

« 小野正嗣「九年前の祈り」321冊目 | Main | 小野正嗣「浦からマグノリアの庭へ」323冊目 »

本)文学、文芸全般」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 小野正嗣「九年前の祈り」321冊目 | Main | 小野正嗣「浦からマグノリアの庭へ」323冊目 »