« 本谷有希子「ぬるい毒」311冊目 | Main | ジョージ・オーウェル「パリ・ロンドン放浪記」313冊目 »

November 05, 2015

本谷有希子「幸せ最高ありがとうマジで!」312冊目

面白かった。
戯曲は読み慣れないので最初読みづらいかなと思ったけど、サラサラ読み進めました。
舞台化された後の書籍化で、キャストやスタッフのリストも巻末についているし、舞台写真までそこここに挟み込まれているので、イメージしやすいのです。

いろんなことを差し引いたり付け足したりしても、この本は面白かった。彼女の作品にはハイパーなビッチとメンヘル女子が必ず出てきます。この戯曲にも出てきますが、その境目がはっきりせず、役割が入れ替わったりもします。そこがなかなかスリリング。安易に人が死なないところも、なんとなく成熟した感があります。かといって「自分を好きになる方法」は枯れすぎて物足りない。この作品あたりがいまのところ、私としてはトップかも。。

« 本谷有希子「ぬるい毒」311冊目 | Main | ジョージ・オーウェル「パリ・ロンドン放浪記」313冊目 »

本)文学、文芸全般」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 本谷有希子「ぬるい毒」311冊目 | Main | ジョージ・オーウェル「パリ・ロンドン放浪記」313冊目 »