« 本谷有希子「この映画すき、あの映画きらい」307冊目 | Main | 黒岩有希「ニキとヨーコ」309冊目 »

October 24, 2015

本谷有希子「乱暴と待機」308冊目

卑屈で鬱屈していて不思議な世界。
「腑抜けども」と同じモチーフがいろいろ形を変えている。
かわいいのに卑屈な奈々瀬は、「腑抜けども」の兄嫁と妹のミックス?
兄は兄、兄の同僚の彼女=奈々瀬の友達は女優勘違い姉のマイルドバージョン?
面白いし不思議な小説だったけど、「腑抜けども」のほうがホラー漫画がからんできたりする分意表を突かれて笑えました。

« 本谷有希子「この映画すき、あの映画きらい」307冊目 | Main | 黒岩有希「ニキとヨーコ」309冊目 »

本)文学、文芸全般」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 本谷有希子「この映画すき、あの映画きらい」307冊目 | Main | 黒岩有希「ニキとヨーコ」309冊目 »