« 国立劇場10月歌舞伎公演「伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)」 | Main | 田口ランディ「縁切り神社」302冊目 »

October 04, 2015

パトリック・ノートン「能楽師になった外交官」301冊目

アメリ・ノートンのパパの書いた本。
娘の小説は、おそろしくアクが強いけどとても端正で文章が綺麗だと思う(翻訳しか読めないけど)。
お父さんの文章も、丁寧で綺麗で(これも翻訳しか読んでないけど)、明るく社交的。
若い頃にコンゴで4ヶ月間も人質になっていたこともあるというのに、常にユーモアを忘れず、きっと外交官らしい感じのいいオジさんなんだろうなぁ。

パパだから読んだのではありますが、これはこれとして、能楽の道にひょんなことから入門して、ひたすら精進していき、そのなかで様々な人たちと交わっていく様子を楽しく読みました。

おまけのような第二部「私の出会ったもっとも型破りな日本人、本田宗一郎」も、思いの外面白かったです。この人の伝記はいくつか読みましたが、別の視点から描かれていて興味深い。本田宗一郎が、外国の人からも敬愛されていたことや、奥さんがすばらしい内助の功だったこととか。

パパのコンゴ人質日記も読みたいけど、これは和訳が出ていません。英訳本でもせめて手に入らないかな・・・。

« 国立劇場10月歌舞伎公演「伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)」 | Main | 田口ランディ「縁切り神社」302冊目 »

本)全般・その他」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30671/62410180

Listed below are links to weblogs that reference パトリック・ノートン「能楽師になった外交官」301冊目:

« 国立劇場10月歌舞伎公演「伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)」 | Main | 田口ランディ「縁切り神社」302冊目 »