« 雨宮処凛「なにもない旅 なにもしない旅」287冊目 | Main | 峯山政宏「地獄のドバイ」289冊目 »

May 16, 2015

赤川次郎「黒い森の記憶」288冊目

ジャンルはミステリーではなくホラーだそうです。
舞台の脚本のト書きみたいな情景描写がすごく多くて、ストーリーの進行が少ないなぁ。ミステリアスな漫画みたいです。

多分まだ若い頃の作品なんだろうな、60そこそこの主人公が「xxじゃろう」みたいな、昔の老人のステレオタイプみたいな話し方をするの。ストーリーにはわりとひねりがあるけど、おお!というような発見や謎解きのないまま終わります。エンターテイメントとしての、ちょっとゾッとするミステリアスな時間が楽しめる小説でした。

« 雨宮処凛「なにもない旅 なにもしない旅」287冊目 | Main | 峯山政宏「地獄のドバイ」289冊目 »

本)ミステリー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30671/61599514

Listed below are links to weblogs that reference 赤川次郎「黒い森の記憶」288冊目:

« 雨宮処凛「なにもない旅 なにもしない旅」287冊目 | Main | 峯山政宏「地獄のドバイ」289冊目 »