« シェリル・サンドバーグ「リーン・イン」279冊目 | Main | 村上春樹「女のいない男たち」281冊目 »

February 08, 2015

有栖川有栖「高原のフーダニット」280冊目

久々に図書館に行ったら、つい余分に本を借りてしまった。
本格ミステリのこの著者の本はわりと読んでるほうで、今回もタイトル借り。
「フーダニット」=whodunnit=who'd done it ミステリといえば、の「犯人探し」。
この本は中短編集だし、フーダニットがタイトルについてるところからしてコメディの予感。
トリックはわりと本格的ふうだけど軽く読める本でした。
特に、"いわゆる叙述トリック”は書けない等々とえんえん言い訳をしたあとで始まる叙述トリックの「オノコロ島ラプソディ」は笑いながら(やっぱりな)と読みました。
(クリスティばっかり読んで育ったので、根っから疑い深い人間に育ちあがってしまいました)

ほんとに、読み手を仲間と想定してるかのような内輪的な小説を書く人で、大学のミステリ研にでも入った気分ですが、そういうのもわりと楽しいです。

« シェリル・サンドバーグ「リーン・イン」279冊目 | Main | 村上春樹「女のいない男たち」281冊目 »

本)ミステリー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« シェリル・サンドバーグ「リーン・イン」279冊目 | Main | 村上春樹「女のいない男たち」281冊目 »