« 村田喜代子「光線」277冊目 | Main | シェリル・サンドバーグ「リーン・イン」279冊目 »

January 23, 2015

山本昌代「ウイスキーボンボン」278冊目

図書館で「ご自由にお持ち帰りください」本に出てたのを、持ち帰って読みました。
この人の「応為坦々録」を読み返したいんだけど、図書館にもないし、古本は高騰してるし。
この本は初めて読みましたが、現代のちょっと冷めた夫婦が描かれていて、この作家のイメージとちょっと違う。つまらないのかなと思うと、妙な事件が起こったりしてちょっと変わってる。
不思議な本を書く人だなぁ〜。
キーワードは「お稚児」。
なんとなく続編でもありそうな終わり方なので、書かれてるんだったら読んでみたいです。

« 村田喜代子「光線」277冊目 | Main | シェリル・サンドバーグ「リーン・イン」279冊目 »

本)文学、文芸全般」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 村田喜代子「光線」277冊目 | Main | シェリル・サンドバーグ「リーン・イン」279冊目 »