« エルヴェ・ギベール「ぼくの命を救ってくれなかった友へ」314冊目 | Main | 塚本邦雄「十二神将変」316冊目 »

August 27, 2014

ボリス・ヴィアン「墓に唾をかけろ」315冊目

思ったより後味の悪い作品でした。
仕返しのしかたが残虐。
一見白人に見えるほど白人の血が濃い(8分の7)人のアイデンティティが、わずか8分の1だけを占める黒人であるということが不思議に思える。

リズミカルに手当たり次第に白人の女を抱くこんな生活がジャズなのかな?
意外とわからない、それほど単純には楽しめない作品でした。

もう少し考えてみよう。

« エルヴェ・ギベール「ぼくの命を救ってくれなかった友へ」314冊目 | Main | 塚本邦雄「十二神将変」316冊目 »

本)文学、文芸全般」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« エルヴェ・ギベール「ぼくの命を救ってくれなかった友へ」314冊目 | Main | 塚本邦雄「十二神将変」316冊目 »