« ガブリエル・ガルシア=マルケス「愛その他の悪霊について」311冊目 | Main | アメリー・ノートン「愛執」313冊目 »

August 11, 2014

ウィリアムズ・バロウズ「ゴースト」312冊目

なんだろう、ひとつも面白いと思えなかった。
ストーリー展開があまりなく、一貫して「ミッション」氏の心の中の物語が進行します。露悪的?な脚注が延々と続きます。ブレードランナーは原作も映画みたいに賑やかでストーリー進行がしっかりしたものだったんだろうか。
うーむ。すみません。

« ガブリエル・ガルシア=マルケス「愛その他の悪霊について」311冊目 | Main | アメリー・ノートン「愛執」313冊目 »

本)文学、文芸全般」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« ガブリエル・ガルシア=マルケス「愛その他の悪霊について」311冊目 | Main | アメリー・ノートン「愛執」313冊目 »