« カレー沢薫「負ける技術」302冊目 | Main | デカルト「方法序説」304冊目 »

July 21, 2014

吉田修一「初恋温泉」303冊目

芥川賞受賞作の「パークライフ」が好きで、「悪人」も泣けたし「さよなら渓谷」も「横道世之介」もよかった。図書館に寄ったので、思いついてこの作家の本を2冊借りてきたわけですが。

この本は、良くも悪くもないという印象です。
離婚しかかってる夫婦や、亀裂が入り始めたばかりの夫婦や、不倫カップルや、高校生のこどものようなカップルが、温泉に行くだの行かないだのと話を繰り広げます。

どの男女も一様に、男と女の会話がかみ合いません。幸せそうに見えてもどこか空虚。冷めきっているような中に愛がある。という、一筋縄ではいかない男女を描いてリアリティがあるのですが、短編集なので短いスキットの断片だけで、そこから壮大な人生を思わせるわけではありません。

やっぱりちゃんと長編を読んでみるべきかな。

« カレー沢薫「負ける技術」302冊目 | Main | デカルト「方法序説」304冊目 »

本)文学、文芸全般」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« カレー沢薫「負ける技術」302冊目 | Main | デカルト「方法序説」304冊目 »