« スザンネ・ブッデンベルグほか「ベルリン 分断された都市」297冊目 | Main | 尾原和啓「ITビジネスの原理」299冊目 »

February 22, 2014

南場智子「不格好経営」298冊目

言わずと知れたDeNA取締役の南場さんの著書。
走って走って走り続けてきた、走り続けている、彼女と彼女の仕事のことが、明るく楽しく描かれた本です。(大変だったことも含めて)

パワフルで前向きで、どんな困難にあっても諦めないすごい人だと思い、尊敬してるけど、わからないのは、オークションはともかく、人の弱い心と小さい財布を刺激する、アイテム課金型ゲームっていうのは、作っていてやましい気持ちになったりしないのか?ということ。
なったんだろうか。なったから教育アプリに本腰を入れたんだろうか。それまでは、とにかく受ければいい、売れればいい、のか?

立派なことを言うつもりはなくて、アイテム課金ゲームはあってもいいと思うし、それを作って売ることに一生懸命になる人もいるだろうけど、そこには”世のため人のため”っていう大義名分はまったくないのかな、あるのかな、と思う。小さい会社とはいえ、全員が熱い気持ちで取り組めるもんなんだろうか。

私は、個人的には、なにか人の役に立ちたいっていう気持ちでしか熱くなれないんだなー、ということがよくわかった1冊でした。

« スザンネ・ブッデンベルグほか「ベルリン 分断された都市」297冊目 | Main | 尾原和啓「ITビジネスの原理」299冊目 »

本)経営・ビジネス系」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30671/59179651

Listed below are links to weblogs that reference 南場智子「不格好経営」298冊目:

« スザンネ・ブッデンベルグほか「ベルリン 分断された都市」297冊目 | Main | 尾原和啓「ITビジネスの原理」299冊目 »