« March 2012 | Main | May 2012 »

April 2012

April 22, 2012

中村登監督「古都」346

1963年作品。

この頃の作品が続きます。63年だけどこの映画はきれいなカラー。地味な着物の色合いもよく出ていますが、主人公の二人の顔色の白さと黒さも際立って、カラーであることが効果的。

主人公は岩下志麻の一人二役で、一人は呉服問屋のお嬢様。実は捨て子だったのだが、かしこく美しい娘に育っていた。彼女にはじつは双子の姉妹がいて、祇園祭の夜に神社で二人は出会ってしまう。もう一人は村の娘。生まれた家で育ったが両親は亡くなり、ひとりで日々働いて暮らしている。身分の違う姉妹は、再会を心から喜ぶが、行く道は交わることなく・・・・。

私が知っている岩下志麻は象印魔法瓶であり「あんたら覚悟しいや」であり、強い強い美人のおばさん、という役柄のイメージでした。「岩下志麻という人生 - いつまでも輝く、妥協はしない」という本を読んで(感想は後日)、あくまでもハキハキとイメージ通りの口調で、しかし内容は多感な女性らしさのを感じさせるのが、ちょっと意外にも思えていました。同じ女性として、強そうにしている女性ほど感受性が強いこともあると、わかっているのですが。

その謎がこの映画で解けました。
お嬢様の千重子は、まだまだ若くて可憐だけど、私のイメージ通りの正しくてまっすぐな女性。村娘の苗子は素朴で激しい感情を持ったパワフルで荒削りな女性。この両方とも、岩下志麻の中にあるんだな、と思ったのです。

千重子的な女性の役ははまり役だと思うけど、苗子のような女性をその後岩下志麻が演じたことはあったのかな?そっちをすごく見てみたくなりました。これからも、そういう女性を演じてみてほしいと思います。以上。

小田原きよし「ヒトのチカラ。」345

これはいい本だ。
本として、構成とか文章の完成度とかの問題ではなくて(それも良いのですが)、コンテンツの問題です。読む価値のある内容をもった本です。

災害ボランティアって何?という漠然とした疑問を、初めてボランティアに行って長く滞在し、少しずつ知識や経験を深めていった筆者といっしょに、彼の手記を読みながら追体験できるのです。

日本にいるたいがいの人たちが、自分のことのように被災した方々をみて、テレビを見ているだけでは胸が痛い、何かできないか?と思っています。でもなかなか時間が作れなかったり、体力や協調性に100%の自信がなかったり、お金の余裕がなかったりして、何もできないフラストレーションにさいなまれている人も多いはずです。

何をするにも思い悩みがちな私も、震災から1年たってやっとボランティアに出かける勇気が持てました。行ってみたら、幸運にも非常に運営のしっかりしたボランティアセンターのある地域で、私たちは何も悩まずに与えられた作業をこなして、みんなで成果をあげることができました。よく組み立てられたツアーにまず参加してみて、それからこの本を読んでもっと深く理解する、という順番が自分にとっては良かったように思います。

ボランティアとは、「黙って来て、黙って働いて、黙って帰るものだ。」など、印象に残ることばがいくつかありましたが、読み終わってすぐに人に貸してしまったので詳細は思いだせません・・・。もう1冊買おうかしら。以上。


April 17, 2012

内田吐夢 監督「飢餓海峡」344

1965年作品。

この年に公開された作品が続きますね。
「いそしぎ」の1965年はベトナム戦争まっただなか、芸術家コミューンの自由な考えと牧師というお堅い世界の代表が一瞬クロスして、また離れていくという動きが、不倫ストーリーの裏にありました。「赤ひげ」は時代劇なのであまり時代背景を映していないのかもしれませんが、戦後に通じる貧しさがたぶん当時の観客の思い出を刺激したんじゃないかと思います。
「飢餓海峡」の映画の1965年は、戦後のどさくさの中で得たお金を元に、高度成長期の時流に乗って成り上がった人の過去を振り返る時代です。映画って他の国の映画と並べてみたり、同じ時代の音楽や流行と照らし合わせて見るとほんと面白いですね。

成り上がりの三國連太郎が、それでも本物の悪人には見えないところがぐっときます。
伴淳三郎と高倉健という二人の刑事のキャラクターの違い(前者は見たとおりの人情派、後者は融通の利かない頑固派)もぴったり。情念深くしつこい娼婦を演じた左幸子は、この映画でも芝居しすぎてる気がします…。こんな女ほんとにいたらやだ。と男の人なら思うに違いない。

過去を隠すために成功者が犯す口封じの殺人、というドラマはしょっちゅうある(土曜ワイド劇場ではとくに使いまわされてるような)けど、見るたびに思い出すのは「砂の器」。加藤豪の美しい目元を見てるとなんだか胸が締め付けられる…という感じが脳裏に焼きついています。大昔になんとなくテレビで見ただけですが。

面白かったし、心に残ると思うけど、左幸子がおばけごっこ?をする場面の演技や、高倉健が被疑者を疑う演技は、この映画ではちょっとしっくりなじんでいないような気もします。なんでだろう。ちょっとリアルな感じがしないのかな?

この映画も180分の長尺ですが、劇場公開時にはもっと縮められたそうです。切った部分がおばけごっこなら、私はプロデューサーに同意だな…なんて生意気言ってすみません。

ではまた。


April 13, 2012

黒澤明監督「赤ひげ」343

1965年作品。

黒澤作品って、こういうホームドラマ的なもののほうが好きかも・・。
三船敏郎がすでに初老の感じで貫録がありますが、当時まだ45歳かぁ!!

185分の長尺の映画ですが、オムニバス形式(昔の映画に意外とよくある)で、三船敏郎演じる「赤ひげ」と加山雄三演じる新任の若い医者を中心に、さまざまな患者が入れ換わり立ち替わり登場して、暗く貧しい下町の暮らしにぽっと明りを灯すような療養所を描いた作品です。

ところどころ音楽だけになるところがあるんだけど、これってフィルムが残ってなかったりするんでしょうか??

キャスティングはほかに・・・
野村昭子、最高。まったく今と同じ姿かたちと役柄で出ています。
内藤洋子かわいい!いまでいう多部未華子のようなポジションですかね。
加山雄三はまっすぐで初々しい「若大将」のままで、その点ではこの映画のタイトルは「診療所の若大将」でもよかったくらいです。

無料の治療時間を設けているこの療養所の患者の多くは、非常に貧しい人たちで、老人や子どもも多い。貧しいから病気になる、貧しいから盗みをする、借金があるから好きな人と一緒になれない。つい涙ぐんでしまう場面がたくさんあります。生活が豊かになればみんな幸せになれる…というわけでもないのは、人の心は足ることを知らないからでしょうか。
(私こんなことばっかり書いてますね。偉そうなので自粛します)

赤ひげ先生が、お金持ちからは診療費をちょろまかしたり、やくざを殴って骨をばきばき折ったりするのが印象的です。(その後「医者がこういうことをやってはいかん。」とか言いながら治療する、という)暴力や犯罪へのシンパシーっていうのは、実際にやるかどうかと別の次元で、見てる人の中にもあるのかもしれません…。ここまでおおっぴらにやられるとどこか爽快です。

というわけでよい感じでした。以上。


April 11, 2012

ヴィンセント・ミネリ監督「いそしぎ」342

1965年アメリカ作品。

TVでやったのをだいぶ前に録画しておいたのを、やっと見た。
テーマ曲が有名すぎますが、映画のイメージはまったくなかったので、へぇーこういう映画なんだぁー、と言いながら見ました。

今日のひとこと:「いそしぎ」って「磯鴫」っていう鳥だったのね…。
どういうわけか、「したしみ」とか「やすらぎ」みたいな“やまとことば”だと思っていました。ときどきこうやって馬鹿がばれますね。

エリザベス・テイラー演じる若い未婚の母親と、リチャード・バートン演じる初老の牧師が恋に落ちてしまうけれど、やがてそれぞれの道を歩いて行く、という物語。
おおむね真面目に生きてきた男の偽善を浮き立たせる、美しくまっすぐな女。
現代日本に設定を変えるとしたら、銀行員とストリートミュージシャンでしょうか。

テイラーが美しく豊かで、引き込まれるような天然の魅力をもつ女性に説得力を持たせています。バートンも硬いだけではない男性的な魅力を感じさせます。二人が恋に落ちていくのは自然なんだけど、デキちゃってから男の服装がダラダラになっていつも二人で砂浜に寝そべっているのも、自然すぎてなんか人の生活を覗いてるような感じです。彼はテイラーの5回目の結婚相手なんですね。寝そべってるシーンでここまで脱力出来るのは、演技でもなかったのか・・・。

ストーリーだけ見ると見る気がしないようなありきたりな不倫の物語ですが、予想よりさらにちっちゃい「いそしぎ」と海辺の風景が美しく、また、牧師の反省やその後のそれぞれの旅立ちが素直で、なるほど、大変ねぇ、と共感できます。
あと、ちょっと昔の映画を見ると、当時の風俗や映画作り文化が面白いです。この時代に友達に「ぜひ見て!」と薦める映画でもないけど、なかなかよかったなぁという感想でした。以上。