« September 2011 | Main | November 2011 »

October 2011

October 30, 2011

藤巻健史「マネー避難」299

こないだこの著者の講演を聞いてきました。日本は赤字国債を発行しすぎている。国の累積赤字がすごいことになっている。地震に引き続き原発事故も起こり、日本の対外的な価値は下がっているはずなのに異常な円高が続いている。→円安が進み、日本は本来の姿に戻る。…ということは、ものを知らない私もうすうす気づいていましたが、講演会で藤巻氏は、国債の「未達」(売り出した分が全部売れず残ってしまうこと)が起こった途端に劇的な円高とインフレが起こると警告を発していました。しかも3月と同じくらいの地震と原発事故が再び起こって、東京に住めなくなる恐れもあると。そこで今なんぼかでも動かせる資産がある人は、外貨にしろ!外国株を買え!と強く警鐘を鳴らしたのでした。

ふむー、そうかも、とにかくこんな先が見えない時代はリスク分散が重要なのは確かだわ…と思い、わずか1時間の駆け足の講演を補うべく、最新の著書をゲットしたわけですが。それほど具体的な背景や見通しが得られたという気はしないのが正直なところです。

電気代を大幅に上げるべきだ、ということを訴えても、この人はその方面では一般人だし、本に書いたところで政策や電力会社の方針を決める人は気にも留めないでしょう。あくまでも一般投資家に対して、持っているお金の運用を決めるための、背景の事実と分析、将来の見通しだけを書いてほしかったです。もっともっとデータを載せてほしかったし、分析結果と考えは別にしてほしかったです。

講演を補足する情報はほとんど得られなかったけど、リスクヘッジには同意するので今後お金がたまったら(将来かい!)意外としぶといドルとか韓国企業株とかに投資してみたいと思います。というわけで、私としては、この人の講演会や運用方針にはagreeだけどこの本はあんまり買いじゃないです。

October 29, 2011

成瀬巳喜男監督「流れる」298

1957年作品。
山田五十鈴演じる小さな芸者置屋の主人のところに、田中絹代演じる中年の女中が雇われてきます。イジワルもあるし、裏表もあるし、ごまかしやねたみもある女の世界です。芸は確かだけど商売はうまくない。好きな男に入れ込んでだまされ、好きでない男にはつきまとわれる。

老若、プロとしろうと、の女の世界がていねいに、正直に、描かれた映画です。
ここで純粋無垢で善良なのは田中絹代だけ。

みんなそれなりにしっかり生きてるようなんだけど、計算のできる料亭の女将とかと比べると、「流れて」いくだけ、なのかもしれません。世相を映すのが映画ですが、この映画は極力狭い町内のこの家の周辺だけを描こうとしているようで、その中で展開する濃い人間関係が、置屋という特殊な世界にもかかわらず「人間ってこうだよね」という普遍性につながっているようです。

…結局女は男次第ってことなんでしょうか?
男の監督が女の世界を描きたがるってのは、どういう気持ちなんだろう?男としての後ろめたさみたいなものがあるのかな…。当時は今よりも女性の立場が弱かったと思うので。

最後に山田五十鈴が三味線をつまびいて歌うのがあまりに素晴らしいです。さすがです。芸事の世界の華やかさがあります。田中絹代って小づくりで目が輝いているので、市井の人々の役が合うのですね。高峰秀子は可愛らしくてプライドの高い堅気の女性を演じるのにぴったり。中北千枝子は「素晴らしき日曜日」から9歳年を重ねていて、すっかり大人になっています。

映画の中で猫のポン子の首ねっこをつまんでひょい、ひょい、とみんなが放り投げるのを見て、うちのみーたんで同じようにやってみようとしたところ、太りすぎて1センチも上がりませんでした。子猫のうちにやってみればよかった…  以上。

October 28, 2011

私立探偵 濱マイク 3 萩生田宏治監督「どこまでも遠くへ」 297

この前に「2前田良輔監督 歌姫」も見ました。UAの歌が素晴らしいんだけど「1」ほど書くことが見つからなかったのでスキップ…。「2」は憂歌団の木村充輝が出てたりして音楽マニアっぽい作品でした。

「3」はわりとテレビドラマらしく、明るい昼間の屋外の場面で登場人物がそれぞれの個性たっぷりに会話し、走り、この世界観の理解を深めてくれる回だと思います。前に見たときに武田真二演じるチンピラが怖かったなーという印象があったけど、今見てもやっぱり、何をしでかすかわからない感じで怖いです。

「3」にはタツヤがたくさん出てきます!端役だけど。(Blankey Jet Cityのドラムスをやってた中村達也。ライブハウスのオーナー役で出てます。あの目の鋭い刺青の男です)シビレる!!
その後どんな風に年をとったんだろう。永瀬正敏、村上淳、松岡俊介…と、このシリーズはほんとにいいオトコだらけですね…。

「濱マイク」見ながら年を取った女はきっと「Domani」じゃなくて「InRed」とか読むんだろうな。(ファッションテイストの話。)(私はユニクロでもなんでも、だけど)
…以上。今回とくに中身の薄いブログですみません。

October 26, 2011

ロマン・ポランスキー監督「チャイナタウン」295

1974年作品。

ジャック・ニコルソン演じる私立探偵のところに、ある女性が夫の浮気調査の依頼にやってくる。夫はダムの放水流域について一言持っている水道局長。浮気現場を撮影した写真が知らないうちに新聞に漏れて大騒ぎになった後、依頼者が実は妻とは別人だったことがわかり、私立探偵は大きな陰謀に巻き込まれていく。

デジャヴュかと思うほど、「ゴーストライター」と相似した映画なんだけど、結末へと向かう流れが違います。主人公のキャラクターはこっちの方(ジャック・ニコルソン)が図太くてゴーストライターの方(ユアン・マグレガー)がやわらかい。ゴーストライターの方が、世界は一見平和そうに見えても以前より複雑になっていて、もっと救いがない。…一人の監督が、一つのテーマを繰り返し、違うプレゼンテーションで見せ続けている気がします。

私の中のポランスキー監督のイメージを形作っている映画は、たまたま過去に見た「テス」や「ローズマリーの赤ちゃん」だったので、”後味が悪い”だけじゃなく時代がかってマニアックな映画を撮る監督というイメージでした。でもこの2本は、主人公の一人称でなく客観的な第三者視点で撮られていたら刑事コロンボと間違いそうな、心理サスペンス映画なのです。周囲の人がみんな疑わしくて、心理戦の末にたどり着いた意外な人物が本当の黒幕…というような。(ミステリー系の映画の中でも、その手の心理サスペンスは、お茶の間で人気の作品でもけっこう後味の悪いものが多い。と思います)「ゴーストライター」を見終わったときに、もしかしたらこの監督は人間の複雑さを描きたい人なのかもという予感がかすかにしたのですが、それより40年近く前に撮られたこの映画でその思いは強くなりました。

ちなみにこの映画の大部分は舞台が「チャイナタウン」ではありません。北欧系アメリカ人のポランスキー監督にとっては、チャイナタウンと聞くと陰謀が渦巻いていてお金で何でも動くのかも、というミステリアスなイメージがあるのかもしれませんが、近隣諸国住民がイメージするもちょっとリアルなチャイナタウンとは違う気がして、日本人的にはちょっと不思議なタイトルだなーと思いました。

あと、ジャックニコルソンって目が険しいまま口が笑ってて、本心どっちなんだろうと何度か思いました。以上。

October 18, 2011

豊田四郎監督「夫婦善哉」294

1955年、昭和30年作品。

なななんと!夫婦善哉の夫婦は正式な夫婦じゃなくて、妻のいる男と女だったとは。
古女房と添い遂げる、というような話じゃなくて、駆け落ちした不倫カップルが苦労しながら夫婦になっていくという映画でした。途中で男の妻は亡くなりますが、2年も病気で田舎に行ったきりで、女優さんもあてがわれないまま、名前だけのまま死んでいくというあわれさ。戸籍が夫婦を育てるわけじゃなくて、一緒に苦労を重ねることで本物の家族になっていくとは思うので、最後に二人で飲む「夫婦善哉」はしぶーいいい味がするんでしょう…うむ。

淡島千景演じる元芸者、蝶子はんの芸達者(三味線も踊りも決まるし、気働きの良さは地なんだろうなぁという感じ)と対照的に、何やってもダメな森繁演じる若旦那、柳吉つぁん(若旦那なのに勘当されたっきり)が、これほどの芸者が駆け落ちするほどの男に見えません。

「駅前旅館」の森繁久彌が素晴らしかったので借りてみたんだけど…。ダメ男の役だからこそ、「浮雲」の森雅之みたいにセクシーに演じてほしかったなぁ。って自分が生まれる前の映画に注文つけてもどうにもならないのですが。

映画の出来はとても良いのです。道楽者の若旦那の情けなさとか。そんな男に尽くす女の美しさとか。時代の香りとか。蝶子を柳吉が「おばはん」って呼ぶところや、蝶子が遊んで帰ってきた柳吉を殺さんばかりにセッカンするところが、おかしくて庶民的。キレイにまとめないところがいい監督です。私は若いころの高峰秀子はすごく可愛くて好きだけど、成瀬巳喜男の演出する彼女のはかない女性像はちょっとなぁと思うところがあるので、この映画くらいのほうがいいです。

多分女には子どもか、子どものようにダメで可愛い男が必要で、苦労することが幸せだというひとつのゴールがあるのかもしれません。いつの時代のどの映画も、男の陰にいて全面的に男に尽くしてる女が一番キレイです。男も女もいまは情報過多で、一人の人だけをわき目も振らずに思い続けるのが難しい気がするけど…。

このときの森繁42歳。もっと若いころの、喜劇俳優の頃を見てみたいです。ツタヤで借りられるものもそうないと思うので、ちょっと探してみよう。社長シリーズもせっかくだから、いくつか。
というわけで、今日はこのへんで。

October 15, 2011

山中貞雄監督「丹下左膳余話 百万両の壺」293

また帰ってから映画見てしまった。

なんと1935年作品。昭和10年です。すごく面白かったです。
カラっとした笑いの、明るい時代劇。

あるお侍が相続した小汚い壺に実は財宝のありかが隠されていることがわかって、そりゃ大変だと戻ってみたら、奥方が屑屋に売り飛ばした後だった。屑屋から金魚鉢代わりにその壺をもらった小僧は、父親を亡くしてひとりぼっちに。その子を引き取ったのが片目・片腕の剣豪、丹下左膳で、居候している射的屋のおかみと一緒に子育てを始めるが、そこに壺をなくしたお侍がやってきて…。

店のおかみが、非常にドライで現金な美人で峰不二子的。殿さまの奥方もお人形のように可愛いのにいちいち言うことがキツかったりして、男はみんな強がるばかりで女の尻に敷かれています。なんだか落語の中のような、「笑点」的な、男も女も腹の底から笑える世界です。

屑屋の二人のうち一人が、今でいう志村けんの「変なおじさん」風で、見てるだけで笑えるのですが、どこかチャップリンぽいなーと思って調べてみたら、チャップリンは1932年に初来日してるんですね。この喜劇映画のセンスの良さといい、屑屋のキャラクターといい、影響受けてるんじゃないかな~?

店のおかみは阿川泰子に似てるなぁ。で、店の女の子はデビュー間もない松田聖子みたいにぽっちゃりしてて可愛い。この松田聖子的女優は深水藤子といって、1980年代に林海象の映画に出ているらしい。サワリだけ見つけて見てみたら、とても美しい70代でした。

こんな監督や脚本家や俳優たちを育てた明治って、どんな時代だったんだろう。とても近代的で進歩的な印象だけど、主演女優がもと芸者で芸名が「喜代三」って、そこだけちょっと別世界な感じですね。

まめたろうを漢字で書くと豆太郎だけど、どうも子だぬきみたいで芸者のような色気が出ませんね。そりゃそうだ、もともとクルマだから。

(注:いまや覚えてる人も少ないけど、このブログは当初、初心者マークをつけた中年ドライバーに買われたかわいそうな自動車まめたろうが、毎日あちこちに傷を負いつつひたむきに生きていくという車一人称のブログでした。売っちゃったけど。)

というわけで、以上。

October 12, 2011

和田誠監督「麻雀放浪記」292

今日の一言
”そうかチンチロリンってのは、サイコロが転がって出す音のことだったんだなぁ。”

1984年作品。25年も前なんだ!
西原理恵子の「まあじゃんほうろうき」の元ネタとなったことで知られている、阿佐田哲也の小説の映画化。(ほんとか)

真田広之演じる、中学(今の高校)を中退した”坊や哲”が、”ドサ健”(加賀丈史)、”出目徳”(高品格)といった筋金入りのバクチ打ちに出会いながら、賭博の世界に深く入り込んでいきます。

さいてーな男たちのさいこーに面白い映画でした。
男ってのはどうしてこう、仲間内で金を奪いあうのに夢中になったりするんでしょうね。私はいままで麻雀を覚える機会がなくて「上海」をやるにもパイの区別がつかなくて苦労するフヌケであり、「俺、強いよ。」って言えたらどんなにカッコいいだろう、とむかしはよく思いました。麻雀強くなるのと賭けごとにはまるのは別って気もするけど。

ズルをやって勝つのも才能なのかな。手品で人をあっと言わせるようなものかな。ビジネスやってても勝ちぬける人と負けてだまされたと思う人がいるけど、麻雀で負け慣れてる人なら、ひがんだりしないですぐ立ち直れるのかな。

そして映画につきものなのが、悪い男に執着する女。
大竹しのぶが、加賀丈史(パリッパリに乗って打ちまくってるのに、意地を出したばっかりに負け始めて、あっという間に落ちぶれていく)に売られる女を清純っぽく演じていますが、見ている人はみんな、この女こそ一番しぶといと気づいています。彼女は男に執着しているけど、「あんたが私に惚れてるからよ」と、自分の気持ちさえ相手にしょわせようとします。私は圧迫感のあるシモベより、「乾いた花」の加賀まりこの方になりたいなぁ。誰かじゃなくて自分のために、自分で行動したい。

冒頭で、”上州虎”と呼ばれる名古屋章が真田広之に強盗を働こうとして「あれ、トラさんでしょ?」と気づかれてしまうところが最高におかしい。一見地味な画面だけど、ここでぐっと見る人を引き付けてるんですね。

勝負が終わって夜明けに外に出たときの気分って、自由なんだろうなぁ。と、自分が4人目の客にでもなったような気持ちでいるうちに、映画は終わります。

映画のなかでは、人はな~んでもできます。連続殺人犯にもなれるし、バクチ打ちにもなれるし、極道の女にもなれる。非合法とかアンモラルとか言われずにまるっきりの自由を満喫できる場所ってすごく大切な気がします。

今日の二言目”徹マンって「ゲーム合宿」みたいなもんかな。”(謎)

以上。

October 09, 2011

ロマン・ポランスキー監督「ゴーストライター」291

イギリスの前首相(ピアース・ブロスナン)の自伝のゴーストライターを引き受けた男(ユアン・マクレガー)の物語。前任者が不慮の死を遂げていて、最初から不吉な予感…。

ヒューマントラスト渋谷で、開場の5分後にすっと入れてわりとガラガラでした。有楽町は混んでるらしいので、渋谷とは観客層が違うのかもしれません。

”後味の悪い映画を撮らせたら世界一”と私が勝手に呼んでるポランスキーの作品。しかしそれを意識しすぎて、悪魔が出てくるのかしらと恐れながら見てしまって損しました。オドロオドロしいところはないし、素直に楽しむべき映画です。最近DVDで3回ずつくらい同じ映画を見てるので、入替制1回きりという覚悟がなくて、「えーとイギリスの元首相だっけアメリカだっけ」などウロウロしながら見てしまったのも残念。ロードショーはあらすじくらい予習してから見るようにしよう。

感想ですが、ユアン・マクレガーほんとチャーミングですね。ちょっと笑いかけの人懐こい表情とか。007を演じたピアース・ブロスナンはどれだけスマートに元首相を演じるかと思ってたら、たいそうな狸っぷりで、アクが強くていい感じ。ほかにも、人物に皆血が通っています。演技力の高いイギリスの俳優さんが多くて私としては嬉しい。

ストーリーは、もはや大どんでん返しに慣れすぎた不幸な私たちにとっては”意外!”ではないのですが、俳優さんたちがとても良いのでじっくり見られます。ライカートや首相と対峙するときのユアン・マクレガーの「普通の人がそんな場に出くわしちゃった」的な、好奇心と当惑と正義感のまじりあったような態度とか、とてもいいです。

島のいつも霧がかかったような道路や、別荘の大きな窓のある書斎、島の老人の表情など、印象に残る絵も多いです。

少なくとも、78歳の高齢の監督の映画という印象はなかったなぁ…。完成度の高さが監督の成熟度を思わせるけど、主人公はエネルギッシュで青臭くて適度にエロく、高齢の監督の映画にありがちな「極度にエロ」または「真っ白に枯れている」という両極端の特徴がどちらもみられません。(こんな言い方でごめんなさい、、)ポランスキーはいったい今どんな老人なんだろうと興味がわきます。いくつかこの監督の映画も見てみようかな。

以上。

October 08, 2011

緒方明監督「私立探偵濱マイク TVシリーズ1 33→1の神話」290

2002年作品。「濱マイク」シリーズは林海象監督で永瀬正敏が主人公の映画が1993年から1996年の間に3本公開された後、2002年に毎回違う監督で12回TVシリーズが放映されました。私はTVシリーズではまって映画も一通り見ましたが、改めて見直してみたくなったので、確認しつつ感想を書いてみます。映画の方はレンタルしてないようなので、とりあえずTVの方だけでも。(ほぼ映画の手法で作られていると思うので、映画としてブログを書いていきます。)むしろTVシリーズのほうが好きかも。映画にあったシリアス感が薄くて、永瀬もこなれてるし、1監督1本に打ち込んでるのが魅力です。

私立探偵の濱マイクは貧乏でオシャレで軽いけど、意外と苦労人で面倒見がいい。灰色の会社人生の中にいるとみんな一度は憧れる”自由!”を体現している感じです。「寅さん」だって同じアウトロー方面のスターだけど、カラーの違いが時代を表してる?濱マイクのキャラクターは、強いて言えばルパン三世に似てるんだけど、「国民的人気者性」はナイな。

ストーリーは、毎回謎めいたタスクがマイクに与えられて、彼がさまざまな人と出会ったりぶつかりあったりしながらタスクを解決していくうちに、最後にはあたたかい気持ちになれる、現代のおとぎ話的なストーリーです。

オシャレだけどただのファッション映画じゃないよ。シリーズの中でも、この作品は特にストーリーがすぐれていると思います。ので、今回はネタバレなし。時代をよく映していて、今見直してみると、あの時代のことがいかに忘れられているかを思い知って、人間ってほんとに学習しない生き物だなぁと思ったりします。

ロマンチックという言葉が冒険への憧れを表すとしたら、このシリーズはとてもロマンチック。「探偵」「横浜」「映画館の屋上」「孤児院」「11歳下の妹」「情報屋」…。

マイクのファッションってたとえば、フェイクファーのど派手なコート、どこで買うんだこんなのという花柄のぴたぴたのシャツ。ネズミみたいに大きな靴。安っぽいファッションって自分が着るとペラペラだけど、カッコよく着るってこういうことなんだな、と。

ものすごく低感度のフィルムで撮った写真みたいなキメの荒い画像。…なんとなく、9時に寝て7時に起きてた7歳の頃に憧れてた、一度も見たことのない深夜の世界、みたいな、未知のスリルが思い出されるから、こんなに惹かれるのでしょうか。

役者さんもいいです。香川照之の狂いっぷりが素晴らしいし、ちょっとしか映らない脇役も含めて充実してます。
テレビドラマにも、こんなに凝縮された良いものがあるのです。一度もこのシリーズものを見たことがない人がいたら、ぜひ見てみてください。ほんとに。

以上!

October 01, 2011

畑村洋太郎「失敗学のすすめ」289

「失敗学」ってのは「サクセスストーリー」の対極にあるもので、畑村先生によると失敗を客観的に記録したり分析したりするのではなく、失敗を引き起こした人自身の目線で、どうしてそういう判断をしてしまったのか、ということをつきつめる学問らしいです。

一度読んでみようとずっと思っていてやっと読みました。震災のずっと前から三陸海岸を歩きまわって、昔の人が建てた「ここより下に家を建てるべからず」という石碑の下に家が建っていることをこの本で取り上げていたことが知られていて、いまは福島原発の事故調査委員会の委員長を務めています。

正直、期待してたのですが、この本はちょっぴり肩すかしな感じでした。わりと「今の日本はだめだ、外国に学ぼう」という論調が目立ちます。よい失敗データベースを適切に作れば失敗が減らせると書いていたり。失敗する人の側からの分析をするなら心理学とか人間工学の研究も必要な気がするけど、具体的な分析についてはあまり触れられていません。これは最初に導入編として書かれた本で、その後もっと詳細な分析が行われたのかもしれません。この本では「失敗学」というものを宣言し、実際に失敗を減らす方法や減らせたというケース報告は別途…だったのでしょうか。実績を出すのはとても難しいと思うので、私も参考にしながら気をつけます。。。以上。

豊田四郎監督「駅前旅館」288

1958年作品。森繁久彌、伴淳三郎、フランキー堺の3人を主人公にしてたくさん作られた「駅前シリーズ」映画の最初の作品。ただし、井伏鱒二原作のこの作品の成功にあやかって次々と新作が撮られたらしいのですが、監督はいろいろです。

感想:面白い!
喜劇なんで「人生を変えるような感動がある」というのではないけど、自分の親かそれより上の世代の人たちの輝き、活気づいてきた頃の東京…今よりちょっと荒っぽくて元気があふれている、そういうものを見て感じられるだけでも見る価値があります。

中心となる3人のすばらしい俳優さんに、大勢の登場人物がにぎやかにからみます。舞台が旅館で、団体客がざくざくやってくるので、画面に20~30人映っていることも多く、そういう団体客とか通りすがりの酔客なんかが非常に生き生きと叫び、走り、踊りまわっていて、まるでミュージカルのようです。

それにしてもこの3人、森繁久彌、伴淳三郎、フランキー堺、すごいですね。こんなに才能豊かな俳優さんが今いるでしょうか?…特に森繁久彌が素晴らしいです。実は私、名前を見るまでこれが森繁だと気づきませんでした。同じ頃の「社長シリーズ」に出てるのはすぐにわかるんだけど、私の中に彼は貫録があってエラソウな人だと刷り込まれているらしく、旅館の番頭さんになっている姿は想像できなかったようです。

ところで、この予告編が最高です。テンポもいいしキャッチコピーもいいし、冒頭で3人+淡島千景+淡路恵子が小料理屋のカウンターに並んで台本の読み合わせをやっているのもすごくセンスが良いです。

こんな時代の映画なのに、ゲイの客引きが出てきたり、会話の中にホモセクシュアルのことが出てきたりするのが「?」と思っていたら、wikipediaによると(真実ではない可能性もありますが)監督がゲイだったとあります。だから女性の描き方がちょっと辛辣で、全体的にこんなにセンスがいいのかなぁ(←偏見かもですね、すみません)

やっぱり誰かが薦めてくれた映画のほうが面白いなぁ…。しみじみ。
以上。