« 樋口泰行「マイクロソフトで学んだこと、マイクロソフトだからできること」261 | Main | 成瀬巳喜男監督「浮雲」263 »

July 28, 2011

笹路正徳「音楽プロデューサー全仕事」262

音楽プロデューサーって何を考えながらどういう仕事をしてるんだろう?と思ってAmazonで検索して、見つかった本を古本屋で買ってみました。

プリンセス・プリンセス、ユニコーン、スピッツ、ザブリリアントグリーン等の出世作を次々にプロデュースした敏腕プロデューサーが、かなりきちんと自分の仕事を説明していて、学生用の就職説明会のような本です。仕事の大枠から詳細まで説明し、自分の思いや「自分がこうありたいというプロデューサー像」についても語っています。

そういう意味でなるほどと読めたし、仕事のこともよくわかりました。自慢に終始するような本でもないです。プリプリ、ユニコーンはともかく、ブリグリって演奏力はかなり微妙なバンドだと私は思っていて、「There will be love there 愛のある場所」を聞いたとき「すごいいい曲だし、イギリスのバンドみたいにセンスがいい!(そしてなんとなく、スタジオ力がすごくて、もしかしたら演奏力はそうでもないかも)」と強い印象を持ったのですが、どうもその通りだったらしいと私は読みとりました。

「自分を出して思い通りの音づくりをしたり、商業的成功ばかりを意識するより、そのアーティストらしさを生かしたい」という姿勢にも共感します。1999年に出版された本なので、その後もいろんなアーティストといい仕事をしたんだろうな、と思います。
しかし私のもっかの関心は少女時代のガールズポップとしての完成度の高さと、その背後にいるプロデューサーの凄さで、その理解のためにこの本も読んでみたわけなので、継続してゆるくアンテナを張っておこうと思います。以上。

« 樋口泰行「マイクロソフトで学んだこと、マイクロソフトだからできること」261 | Main | 成瀬巳喜男監督「浮雲」263 »

本)趣味の世界」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 樋口泰行「マイクロソフトで学んだこと、マイクロソフトだからできること」261 | Main | 成瀬巳喜男監督「浮雲」263 »