« 津田大介+牧村憲一「未来型サバイバル音楽論」253 | Main | 松倉秀実・花村剛「iPad知的生産の方法-ビジネスフィールドでの検証」255 »

June 26, 2011

本多猪四郎監督「マタンゴ」254

1963年の作品。
裕福で享楽的な若い男女7人の乗ったヨットが難破し、食糧のほとんどない無人島に漂着する。
(この辺で「電波少年」を思い出してしまう)
内訳は、男性5人、女性2人。女性2人に男性たちの目が集まる。
(この辺で「東京島」を思い出す、あれは女性一人だけど)
探しても探しても、食べ物はわずかしか見つからない。残ったのは毒キノコだけ!
キノコに手を出すかどうか、究極の選択!

・・・という中で仲間割れや争いが起き、ついには殺し合いまで・・・。
特撮技術は今より低いけど、まじめに見られる内容で安っぽさは感じられません。
人間の欲望のなれの果てをよく描けてるけど、なるほどという感じで、それほど強く印象に残る映画ではなかったです。自分としては。
ただ・・・(ネタばれ)モロボシ・ダンが最後寝返って逃げちゃうのは、ウルトラマン世代としては軽くショックでした。
以上。

« 津田大介+牧村憲一「未来型サバイバル音楽論」253 | Main | 松倉秀実・花村剛「iPad知的生産の方法-ビジネスフィールドでの検証」255 »

映画)日本(80年代まで)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 津田大介+牧村憲一「未来型サバイバル音楽論」253 | Main | 松倉秀実・花村剛「iPad知的生産の方法-ビジネスフィールドでの検証」255 »