« NHK「Q」制作班 編「Q わたしの思考探究①、②」243~244 | Main | P.F. ドラッカー「プロフェッショナルの条件 いかに成果をあげ、成長するか」246 »

May 19, 2011

佐藤正午「正午派」245

文学というより、ファンブックなのかもしれません。
私のfavorite作家、佐藤正午氏の年表やら単行本化が初めての小品やら、日の目を見ていない映画脚本など、ファンでなければおよそ興味を持たないようなものばかりを集めて、400ページ以上のボリュームに仕上がった本です。

ファンの足元を見るようなイヤらしさはなく、趣味のよい本なのですが、このタイトル「正午派」ってのは何かのギャグかシャレでしょうか。ファンとしてのloyaltyは低いし、作家様というより九州のおじちゃんが小説書いてる、みたいにどこか親しみをもって読んでる者としては、ファンブックを買うのはシャクだなぁと思って、しばらく躊躇してました。でも結局買った。

面白いものがたくさん入ってたし、やっとこの作家の作品の一連の流れがちょこっとだけわかったような気もします。流れというものがあるわけでもないのですが・・・たとえば、筆致に大きな違い(老い?)が感じられた「アンダーレポート」「身の上話」の時期にどうやら体調を崩していたらしい、とか・・・。余計な深読みなのかもしれないけど、作品は肉体をもつ人間が創作したものであるかぎり、創造主の状態をよく映すものだと思います。作品としての出来とは別に、それがどういう状態で書かれたかに、とても興味があるのです。

これだけの厚さなのに、平日仕事しながら2日で読めてしまいました。ファン限定でお勧めします。以上。

« NHK「Q」制作班 編「Q わたしの思考探究①、②」243~244 | Main | P.F. ドラッカー「プロフェッショナルの条件 いかに成果をあげ、成長するか」246 »

本)文学、文芸全般」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« NHK「Q」制作班 編「Q わたしの思考探究①、②」243~244 | Main | P.F. ドラッカー「プロフェッショナルの条件 いかに成果をあげ、成長するか」246 »