« 渡辺淳一「エ・アロール」241 | Main | NHK「Q」制作班 編「Q わたしの思考探究①、②」243~244 »

May 04, 2011

マーシャル・フェルプス&デビッド・クライン「マイクロソフトを変革した地財戦略」242

ちゃんと感想を書こうと思ってたのですが、あまりに長い間借りていたので返してしまいました。
そういうことで、要領が悪いのですが、思い出しながら感想を書いてみます。

印象は「知財版『闘うプログラマー』」。第一線でさまざまな軋轢にもまれながら、前例のないビジネスを作り上げていく専門家たちの姿が実感をもって伝わってくる、よい本だと思いました。
いかんせん翻訳が悪い。翻訳という作業をプロフェッショナルとしてやったことのない人たちが複数で訳しているからか、読みづらいし、誤りではないかと思われる個所もあるし、統一感もない。
(でもたぶん「じゃあ原書を読むからいい」と思って読み始めると、途中で投げ出しちゃうんだけど)

将来にむけた著者の提言の項も、大変含蓄のある素晴らしい内容でした。つってもちゃんと覚えてないので、時間があるときにまた図書館でも行って読みなおそうと思います。
とりあえず知財に関して少しでも新しい方法論に興味のある人は一度読むべき。以上。適当ですみません!!

« 渡辺淳一「エ・アロール」241 | Main | NHK「Q」制作班 編「Q わたしの思考探究①、②」243~244 »

本)著作権・特許その他知的財産関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 渡辺淳一「エ・アロール」241 | Main | NHK「Q」制作班 編「Q わたしの思考探究①、②」243~244 »