« 志水辰夫「行きずりの街」214 | Main | 神谷美恵子「生きがいについて」216 »

June 27, 2010

志水辰夫「情事」215

同じ作家の本がもう1冊あったので、読んでみました。こっちも、なかなかよく書けていました。(←何様目線?)
中年男性の気持ちや、周囲の人たちのようすをとても丁寧に書いてあるので、無理がない。ああ、そうなんだろうなぁ、という気持ちで読み進められます。そこはかとない不安で胸騒ぎを覚えながら進んでいく「サスペンス」の感じも、次を読みたくさせる効果十分。

しかしタイトル通り、官能小説かよと思うくらい、そーいう場面が頻出するのには、参った。いずれもねっちりコッテリとした描写で、電車で読んだわたしがバカだった、と後悔したりしました。

そんな1冊です。家で読んでください。以上。

« 志水辰夫「行きずりの街」214 | Main | 神谷美恵子「生きがいについて」216 »

本)ミステリー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 志水辰夫「行きずりの街」214 | Main | 神谷美恵子「生きがいについて」216 »