« 伊園旬「ブレイクスルー・トライアル」205 | Main | クリス・アンダーソン「フリー<無料>からお金を生み出す新戦略」207 »

March 28, 2010

村田喜代子「ドンナ・マサヨの悪魔」206

娘がイタリアに留学して妊娠した。青い目の夫を連れて帰った娘のふくらんでいく腹から、「おれは長い旅をしてきた・・・・」と声がする。自分にしか聞こえないその声は、地球に生命が誕生してから生物がたどってきた進化の歴史、何度も何度も食われて死んだ痛みの記憶を語る。・・・という筋。

新聞か雑誌のの書評で見て買った本です。ずっと読んでる作家だから、書評を見てなんとなく想像してた通りという印象。上記のあらすじを読めば、本そのものを読まなくてもいいかも、という気もします。(この作家の本をたくさん読んでる人には、それほど意外な展開や事件は起こらない、くらいの意味です。)

それでもどうしても読みたかったから買ったんだけど、がまんして図書館で借りてもよかったかなぁ、とも思う。表紙の絵(Mark RydenってアーティストのCreatrixって絵、たとえばここhttp://crfranke.files.wordpress.com/2009/10/the_creatrix.jpg)がちょっと魅惑的で、所有欲をソソる部分はあるのですが。

以上。

« 伊園旬「ブレイクスルー・トライアル」205 | Main | クリス・アンダーソン「フリー<無料>からお金を生み出す新戦略」207 »

本)文学、文芸全般」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 伊園旬「ブレイクスルー・トライアル」205 | Main | クリス・アンダーソン「フリー<無料>からお金を生み出す新戦略」207 »