« 佐藤正午「ジャンプ」188 | Main | 佐藤正午「5」190 »

December 04, 2009

佐藤正午「Y」189

連続3冊目。この本の初版は1998年、「ジャンプ」(2000年) の一つ前の長編小説です。ジャンプもミステリーだけどあっちはSFの領域には踏み込んでない一方、こっちはちょっと踏み込んでるので、読み進むうえでちがう心構えが必要かも。

感想:スリルとサスペンスであっという間に読んでしまいました(シドニィ・シェエルダンの読者ふう)。かつ、すごく佐藤正午らしい展開と、いつもながらの達者な筆運び。まあ満足な読後感・・・ですが、読む順番を間違えた。先に「大どんでん返し!」がある本を読んでしまったので、結末に大きな動きを期待してしまい、「・・・あ、・・・そう。」という気持ちに一瞬だけなったのも確かです。

長々と書くよりもっと読みたいので、次いきます。以上。

« 佐藤正午「ジャンプ」188 | Main | 佐藤正午「5」190 »

本)文学、文芸全般」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 佐藤正午「ジャンプ」188 | Main | 佐藤正午「5」190 »