« 中根千枝「タテ社会の人間関係」136 | Main | 諸田玲子「恋縫」138 »

October 18, 2008

逢坂剛「カディスの赤い星」(上・下)137

大娯楽長編ミステリーでした。上・下で長いんだけど、あっという間に読み終えた。
日西テロリストによるスペインの総統暗殺計画とフラメンコギターを2つの軸に、恋愛あり親子の情あり秘密あり犯罪あり・・・盛り沢山です。映画化したら盛り上がりそう。

ハードボイルドものは主人公の語尾がつねに「xxxなのさ」、みたいな虚構感がありますが、いいんです娯楽だから。男の人はこういうフィクション感が心地いいのでしょうか。

印象に残ったのはヒロインのはかないキャラクター設定。女の私でも「なんでここで泣くか」といぶかるような場面が多いけど、そういう現実感のない、実は里のワラベのように純真なキャリアウーマンというのも実際はいるのかもしれない。なにやらとにかく保護本能を刺激するヒロインでした。

そんなところで。

« 中根千枝「タテ社会の人間関係」136 | Main | 諸田玲子「恋縫」138 »

本)ミステリー」カテゴリの記事

Comments

takoratta様

著者が最初に書いた作品だそうで、勢いがあってキラキラしてますね。

しかしtakorattaさんと私の読書歴だけを見てると、どっちが男でどっちが女だかわからないですね・・・

確か、社会人になってからの1回目の海外出張のときに読んだのだけど、えらく感動したことを覚えています。ギターが好きで、スペインも気になっていて、というところに、この小説だったので、いっきに盛り上がりました。全然ストーリーを覚えていないのですがcoldsweats01

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 中根千枝「タテ社会の人間関係」136 | Main | 諸田玲子「恋縫」138 »