« 「千葉ロッテマリーンズ 変革の300日」127 | Main | 常盤文克「ヒトづくりのおもみ」129 »

July 28, 2008

門田泰明「美貌のメス」128

うーん、これは・・・なんてつまらない本を読んでしまったんだろう。

きっとこれは、サラリーマン向けの退屈しのぎとして書かれたのだろう。
美貌で超ナイスバディの敏腕女性外科医が、男性医師のネタミやソネミを受けつつも、小児患者に母のような慈愛のまなざしを向け、腫瘍には強い憎しみを抱きつつ、文章のソコココで「豊かな乳房を両手で持ち上げるようにして」腕組みをしたりしながら、次々に難しい手術をこなしていく。

きっと、5ページに最低1回はそういう描写を入れろと、それでも、あくまでもポルノではなく医療小説であると。
そういうものを書かなければ二度と仕事はやらない!と、編集者に言われて泣く泣く小説家としての良心をcompromiseしたのだろう。

わざわざ旅行に持ってこなきゃよかった。この本は部屋に置いて帰ります。
以上。

« 「千葉ロッテマリーンズ 変革の300日」127 | Main | 常盤文克「ヒトづくりのおもみ」129 »

本)ミステリー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 「千葉ロッテマリーンズ 変革の300日」127 | Main | 常盤文克「ヒトづくりのおもみ」129 »