« 桐野夏生「ジオラマ」103 | Main | 太田文夫「感動開発の伝承」105 »

January 10, 2008

横山利香「頭金0でマンションの大家になった私の方法」104

たまたまもらった本です。
でも、タイトルにちょっとグッときました。

お金にそうとう興味があってネット株で儲けてる主婦が、全額銀行からの借り入れで、マンションの一棟オーナーになるまでの体験談を書いた本です。

ネット株の本も書いてるし、ファイナンシャル・プランナー資格も持ってるけど、確かに感覚が主婦っぽい、世間知らず的なところも見受けられます。でも、徹底的に地価や収益還元法の勉強をし、知り合いに話を聞きまくり、不動産や銀行に行きまくる・・・という地道な時間のかかる努力を経て、やがて夢を実現していきます。

欲しいマンションのイメージが、私とかなり近い。自分=きちんと家賃を払って安全便利できれいな部屋に住みたい人、が住みたいマンションが、よく借り手のつくマンションですね、やっぱり。ただ、私は転がす感覚が持てないので全額ローンってのはありえないし、一棟買いをするほどリスクを負えないです。

資産運用は、性格や時間の余裕や運用金額によって、人それぞれ。
私が資産を増やしたり運用する対象として、不動産ってのは前から興味がありました。
株や為替や貴金属より、自分で選んだり建てたり維持したりできる分、予測できる部分が大きいと思うからかな。手元に土地や建物っていう、目に見えるものがあるし、借り手がつかなければリフォームしたり、自力で改善できるからね。株を買っても、「もの言う株主」になろうとは、日本ではあまり思えないし。


それにしても全額ローンで一棟買いってすごい度胸だよなぁ。私は、今のマンションの借金を返し終わったら、また居住用のマンションをローンで買おうと思ってるていどですから、ちいさいですね。

しかし、私はこの忙しいときに、何を毎日本ばかり読んでるんだ・・・。

« 桐野夏生「ジオラマ」103 | Main | 太田文夫「感動開発の伝承」105 »

本)全般・その他」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 桐野夏生「ジオラマ」103 | Main | 太田文夫「感動開発の伝承」105 »