« ISSコンサルティング編「外資系トップの仕事力」80 | Main | 198冊 「あ」行の作家 »

August 28, 2007

山本文緒「シュガーレス・ラヴ」81

自分の父がこんな本まで読んでることが、なにより驚きだが。

なんというか、ちょっと高級なファッション雑誌に載せる短編みたいな、口ざわりのいいストーリー集。
そもそも比較対象ではないと思うけど、寂聴さんと同時並行で読むと、スカっとかすってしまって手ごたえがない。
しかし妙齢の女性作家っつのは、不倫だとか自由恋愛を書かなければならないという決まりでもあるのか。世の中には素敵な異性が軽く見積もっても五万人くらいはいるけど、いちいち本当に付き合ってる人ってどれくらいいるんだろう。・・・おっと、あんまり余計なことを書くと「意外と子供っぽい(昔占いでそういうのが出て、気にしてるらしい)」のがばれてしまう。

うーん。やっぱりもっと歯ごたえのあるものが読みたい。というのが感想です。
以上。

« ISSコンサルティング編「外資系トップの仕事力」80 | Main | 198冊 「あ」行の作家 »

本)文学、文芸全般」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« ISSコンサルティング編「外資系トップの仕事力」80 | Main | 198冊 「あ」行の作家 »