« ローレンス・トリート「絵解き5分間ミステリー」55 | Main | アンドリュー・S・グローブ「インテル戦略転換」57 »

February 20, 2007

樋口有介「彼女はたぶん魔法を使う」56

春休みの気軽な読書シリーズ。

女好きで二枚目気取りの私立探偵が、美人のクライアント、殺された妹の友達(これも美人)、別居している妻、これまた美人の愛人等々に振り回されつつ、徐々に真相に近づいて行く・・・

わたしの大好きな「土曜ワイド劇場」的小説です。あまりヒネリもないけど、娯楽のひとときを過ごさせてもらました。これでいいんです。

確かに、美女の性格や姿かたちが、それぞれよく描けてるんですよ。それぞれがなんだかすごくいい女なのです。探偵自身の見た目のことは一言も出てこないけど、「口がうまくてなんとなく女にもてるタイプっているよね~」、とか言われるタイプでしょう。

さて・・・どっこいしょ(←重い腰をあげる音)、そろそろ観念して来期の課題図書でも読み始めるか・・・。

« ローレンス・トリート「絵解き5分間ミステリー」55 | Main | アンドリュー・S・グローブ「インテル戦略転換」57 »

本)ミステリー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« ローレンス・トリート「絵解き5分間ミステリー」55 | Main | アンドリュー・S・グローブ「インテル戦略転換」57 »