« February 2006 | Main | April 2006 »

March 2006

March 28, 2006

Lawrence Lessig講演会

http://www.nii.ac.jp/intsympo/05/top.html これに行って来ました。

レッシグといえば、あれですよ、あれ。Creative Commonsでなんか新しい著作権表示を推奨してる人。
というより、あの、タイプ文字が暗闇から次々に浮かび上がるスライドを始めた人。(30分の講演で240枚、みたいな)
で、なんだかいろんなことに警鐘を鳴らしてる人。(ああ、相変わらずわたしのこういう表現は身もフタもないですね、、)

とにかく、生レッシグの生講演がタダで聴けるというので、いてもたってもいられずに申し込みました。ミーハーです。クリステンセンのときと同じ行動です。
(参考) http://ittousai.org/mt/archives/2003_04/free_culture.html ←このときとテーマはほぼ同じ。でも状況の変化に応じているのか、引用した例が違ってたし、イラストなんかもガンガンUpdateしてました。

おおざっぱな内容:
昔は、誰かが作った歌や文章はRead & Writeだった。つまり、口伝えで伝承されるうちに、さらに追加されたり改変されたりして、変わっていくものだった。
しかし今は文化(culture)はRead Onlyになり、consumeされるばかり。
でもデジタル時代になり、また違った形でのRW cultureが生まれている:
例えば、音楽のremixや「AMV」=anime music video。(ありもののアニメのキャラクターの口の動きに合わせて音楽を流して、口パク状態にしたもの。ブッシュ大統領とブレア首相が口パクでEndless Loveを合唱するものとか・・・。)
残念なことにRW CultureはUSではillegalだし、著作権法のreformはほとんど不可能。元のartistと、RWを行ったartistがlawyerを介さずに話が出来る世の中にしたいものだ。
だから自分たちはCreative Commonsライセンスを提唱している。協力をお願いしたい。
・・・という感じです。

なんか・・・彼の言ってることは正しい。つい自分の職業上の立場が先に立ってしまうんだけど、心情的には共感します。
ちなみにBillGはLessigのことを「あの共産主義者(communist)」と呼んだらしい。なんか根に持ってるみたいでした。うーむ、わたしも仲間内で酒なんか飲むと、GPLは共産主義だとか言ってるので、BIllの言うこともわかる。いっしょうけんめい工夫していい道具を作った人がそれで儲けることを否定されるってのは、資本主義の根本への挑戦にも思える。生活に困ってない人が余暇に何かを作るというシステムは、ありがたい人もいるけど、存在感が希薄なボランティア活動のような印象がある。なんとなく、責任を感じて会社を運営している人の商売にそういうやり方をもちこむことが、会社=資本主義を形にしたものに対する共産主義的なアプローチに見えて、違和感があるんだ。

(ちなみに、わたしは共産主義を否定する気持ちはぜんぜんないです。本当はみんなで助け合ってシェアしあう世界がもっとも美しいと思ってるけど、理想的な意味での共産主義はいままで地球上のどこでも実現してなくて、人間が人間の力でなしとげるのはすごく難しいと諦めて、資本主義前提でちょっとでもうまくいく方法を考えてます。)

で、この講演を聴いて、思った。
・たとえば工作機械や業務用ソフトウェアは、事務機の仲間であって、作ってる人も使ってる人も便利さにお金を払う必要を感じているものなので、勝手に模造品を作って売ることをやめさせたいのは当たり前だ。
・歌や小説や絵画はアーティストが作る芸術なので、それをappreciateすると同時にinspireして新しいものを生むことはとても大切。
この2つを全く同じ法律で全く同じ条件で縛ることに無理があったんじゃないのかなーと思った。もちろん、どこまでが芸術でどこからが商売道具かという境の判断は難しいけど、本当は、芸術権と商売道具権を分けて規定しておいて製作者が選択できるようにしておいた方がよかったんじゃないかね。

まぁ極論だけどさ。

March 26, 2006

梅田望夫「ウェブ進化論」

元ボスに薦められて読んでみた。
感想:この作者自身はウォッチャーとかユーザーという印象で、この本は論文でも報告書でも技術の本でもないけど、Googleのことやその他のインターネット上の新興勢力のことをとてもよく知っている。シリコンバレー在住のブロガーとしての貴重な経験や知識をざっとまとめて、シェアしてくれてありがとう、私もこういうことが知りたかったんですよ。

本当に、私はGoogleって会社のことを全然知らなかった。やつらイカレてます。Mad scientistsって感じ。(ほめてるんですよ。すごく)

こまかいところは、突っ込みどころ満載なんだけど・・・。
Googleの30万台ある社内サーバーは全部Linuxなんだって。モチオは「彼等は配布しないのでライセンス違反の問題は生じず、Googleはオープンソースの恩恵をフルに利用できるのだ」という。その指摘は正しいと思う。でも、LinuxがなければBSDでもよかっただろうし、Googleほどのエンジニア集団なら、無料のUNIXがなければ自分たちでGoonixくらい作れるんじゃないかね。これだけ利益があがってるのに、ライセンス料が問題でWindows Serverを入れられないということはないだろうし。問題は、Googleには自分たちに本当に最適なOSを選んで好きなように使いこなせる技術力と知恵があるってところだ。・・・とかね。でも、考え方や全体の構成がすごく立派でヒントに満ちているのに、例の引き方や比喩が下手で損してる本ってけっこうあるので、あまり気にしないことにする。

もうひとつ驚いたのは、考えてみれば当たり前なんだけど、モチオが言うには、USでは、大学で行っている最先端のコンピュータサイエンスを現実世界で生かしきれていないんだって。私は日本の大学の話しか聞いたことがなくて、誰に聞いても現実の世界より遅れているとかずれていると言うんだ。だから、象牙の塔とかっていうところは、よく知らないけどどっちかというとダメなんだと思ってた。モチオ正しいとすれば、そっちが真っ当だ。日本の大学について私に語った人たちが正しかったとすれば、そっちが問題なのだ。日本の大学に対する認識は、まちがっててほしいと思うよ。

きのう、楽天Booksで1万円分も本を買いました。ひきつづきどんどん読んで感想を書いていきます。

March 16, 2006

リーダーズ英和辞典

久方ぶりにひとの英語をレビューすることになったので、英和辞典を手にとってみた。最近はスペースアルクとOfficeに入ってる辞書しか使ってないからな。

手元のリーダーズ英和辞典は、初版で1990年のもの。六法と違って辞書は毎年買い直す必要はないけど、いい加減古いので、新しいのを買おう・・・と、Amazonで辞書を見つくろう。

なんだか新しい英和辞典がたくさん出てますね。ルミナス、スーパーアンカー、ウィズダム。コメント欄に「読んでも面白い辞書」「語源が学べる」「最近の受験生はいい辞書に恵まれていて幸せだ」等々とあります。リーダーズが出た当時は、翻訳者の必携品としてみんな買いあさったんだけど、今の「売れてる順ランキング」にはなかなか出てきません。・・・やっとあった。やっぱり語彙数は群を抜いていて27万語です。前述の3つはだいたい10万くらいだから、「辞書に載っていない!」エクスペリエンスはリーダーズの方が少ないでしょう。しかし酷評されてますね。訳語がダメだとかなんだとか。。最新版でも1999年ですから、もはや古い辞書なのかもしれません。

ある単語をどうやって本当に理解するかっていうと、辞書を何千回も何万回もひいて、ぴんと来ない訳語も全部何度も読んで、その中からなにか共通する概念をイメージとしてつかめるようになれればいい・・・と思う。だから、私のような古い英語学習者だと、辞書が至れり尽くせりじゃなくてもいいんだよね。擦り切れるほど使い倒してやっと自分のものになるのよ。(←いかにも古いタイプの人間っぽい)

名詞がcountableかuncountableかがリーダーズには載ってないので、翻訳には使えないというコメントも入ってる。確かに。でも、書いてなくてもたいがいわかるし、それだけならOfficeの辞書で調べればいいし。。

道具ってのは荒削りでも、使う人が自分なりに使いこなせるように作られているものがベスト。すごくよく作りこんであるけど用途が1つしかないような道具は、私は割と嫌いなのだ。という訳で、プロにしか使いこなせない?強面のリーダーズ(第2版)を買いなおすのが第一候補かなー。

使い分けは、
# 簡単そうだけどわからない語は、まずスペースアルクかOfficeについてる辞書で。
# コンピュータ用語その他専門用語はWebで。
# 用法を確認したいときや、スペースアルクでうまく熟語が出せないときは、リーダーズ。
って感じでしょうか。
多分本当は英和大辞典を使うような場面なんだろうけど、重いしね~~。

March 13, 2006

ニール・ガーシェンフェルド「ものづくり革命」

図書館の新刊コーナーにあったので借りた。
MITにビット・アンド・アトムズセンターという研究所があるらしい。ビット=情報、アトム=もの。世の中は情報化が進んでいると言われてきたけど、もの、たとえば工業製品が存在しなければ情報化社会も実現しない。ものづくりを見直そう、というのがこの研究所の趣旨らしい。

原題は「The coming revolution on your desktop」なので、「ものづくり革命」というわかりやすいタイトルは翻訳時につけたものだとわかります。この本自体が言いたいことは、FABと彼等が呼ぶ、カスタムメイドを自動化するツールの活用です。アメリカでは大量生産ばかりを推し進めてきた結果、誰もが安価でたくさんのものを手に入れられるようになった。でも今は誰もが自分だけにカスタマイズされたものを求めている。で、センターで推進しているのが「Personal Fabricator」。自分の欲しい「もの」のスペックをPCで入力すると、それが形になって自動で生成されるというツール。

このクラスを取る学生(芸術系とか文科系が多い)は、とりあえずワガママを言う。「いつでもどこでも、叫びだしたくなったら顔を突っ込んで叫べる袋」が欲しい、ということになれば、遮音性の高い袋の素材、録音してあとで吐き出せる装置の設計、等をできるだけシンプルに行う。「自転車のデザインを印刷で作れるようにする」のを実現するために、自転車のフレームを好きなようにデザインするための頑丈なプラスチック素材と、デザインツールを作る。

ラボは世界中のいろいろなところにあって、北欧では自分の保有する羊と他の人の羊を区別するためにRFIDを使った羊タグを作ったり。

・・・夢が実現できた人は嬉しいし、面白い実験だよね。でも、このやり方でPersonal fabricationがどんどん推進されていくとは思えない。ものすごく高価な機械を使って、使用料無料で、研究として作ってあげてるだけだもん。新しい機械が、本当に誰でも使えるようになるためには、市場で発売されて、最初は高いけど、数が出ることによってだんだん安くならないといけない。機械のレンタルでもいいんだけど、こういう風に、研究目的で無料で使わせるってのをずっと続けていては、ドラえもんの魔法のポケットで終わってしまうような。

でも、個人的にはすごく欲しいんだよな。お手ごろ価格で、実用的な、3Dスキャナと3Dモデラー。現実には、MITとは関係なく産業界で、たとえば16万色で印刷できる染色技術とかは実用化されてるので、方向が間違ってはいないんだけど、それはMITの研究の成果ではない。ビット・アンド・アトムズ・センターがやりたいことは、この本だけではわからないです。面白い実験だけど、この先を考えてみたいです。

(注)
FABとはFabrication(構築する、でっちあげる)のことである。Fabricというのは布地のことだ。Prefab(プレハブ)住宅というのは、あらかじめ作ってあって組み立てるだけの住宅のことだ。なるほど。

March 03, 2006

鈴木あみと青色発光ダイオード

というタイトルの論文を書いてみたい!と真剣に思ってしまった。面白そうじゃない??

きっかけは、愛読雑誌「Rights! Now」2006年4月号の冒頭メッセージ2本。ひとつは、東大大学院経済研究科教授、高橋伸夫氏の「ライセンス・ビジネスの視点」。会社員の発明した特許の対価は、それによってどれだけ利益が実際に出たか、最大どれだけになりうるかではなく、その特許を実施しないための回避策を作るためにかかる労力と時間によって計算すべきだと主張しています。

もうひとつは、経産省知的財産政策室長の住田孝之氏の「これからの知的財産戦略」。会社員の発明の価値は、発明だけによって実現するのではなく、それを商品化し、生産し、マーケティング施策を策定し、売りに行くといった社内各部署の力やチームワークという目に見えない固有の知的資産によって始めて実現できるものなのだ、といいます。

そこで思い出したのが鈴木あみ(当時の名前で書きますが)の訴訟。訴えた鈴木あみ側は、彼女のタレント性こそが商品価値のすべてだと思っているから、給料が十分に支払われなかったと裁判所に駆け込んだわけだけど、見ていたわたしたちの中には、「確かにあれだけ売れてるアイドルにしては給料が安いんだろうけど、事務所のスタッフの労力やコネとかがなければ、そう簡単には売れないだろうから、あまりお金のことばっかり言ってもねぇ」と思ってた人も多いと思う。

一方、青色発光ダイオード事件では、純粋な天才科学者がすばらしい発明をしたのに、ほとんどそれが給与にはねかえっていなかったと聞いて、たくさんの人が同情し、「そんなことだから優秀な科学者にアメリカに行かれちゃうんだ」「企業ってのは強欲だ」と思ったんじゃないかな。

「回避技術を生み出すための労力=発明の対価」という意見には30%くらいしか共感はしないけど(だって最初の発明をする労力や才能がやっぱり一番大きいと思うから)、この記事は興味深いです。鈴木あみという商品を売るための企業の努力と、青色発光ダイオードという商品を売るための企業の努力って、性質がどれくらい違うんだろう。鈴木あみのケースでは、彼女が早い段階で訴えてきたから、回避技術=他の同じくらい可愛くて同じくらい若い女の子を何人かアイドルとして売り出して、鈴木あみと同じくらい売れるための企業の努力は、事務所が今頃立証できているかもしれない。青色発光ダイオードのケースでは、発明後すぐの時期にさかのぼって回避策のオプションを算定するのは、多分もう難しいだろうなぁ。

その辺のことを、ちゃーんと調査してまじめに論文にしたら、興味もって読む人もいるんじゃないかしら~。なんて思いながら海老バーガーを食べていた、夜のマックの私でした。

March 02, 2006

MITスローンスクール「戦略論」

読書づいています。ビジネス書ばっか。

ハーバードのビジネススクール出身の人の書いたものはときどき読む機会があるけど、MITのビジネススクール=スローンスクールの人ってどういうものを書いてるんだろう。と思って、読んでみました。12個の論文集です。

全体的には、なんかこじつけっぽい話が多くて、あまり面白くなかったな~。なんとなくMITってことでもっと科学的な経営分析を期待してたんだけど。でも1つ、最後の論文だけ面白く読めました。「カオスの縁でのマネジメント」by Richard T. Pascal。

複雑系って知ってる?なんか一時期流行した理論らしい。生物が進化するのは最初から一点を目指しているのではなくて、ごにょごにょと一斉にうごめき出して、やがてそのうごめきが一定のリズムを持つようになる。生物は生き残るために、適度の刺激を受けながら進化するのであって、安定してしまった状況は死を待つだけだ。・・・というような理論だそうです。それをビジネスに当てはめているのがこの論文。思うに、「複雑系」の流行の頃には、こういう論文って他にもいろいろあったんじゃないかなーと思うけど、私が読むのはこれが初めてです。

私はこーいう「自然の摂理」的なものに弱いのかな。こないだ読んだ、「自然からビジネスを学べ」っていう常盤文克氏の本でもわりと共感してしまった。てか、会社なんてものは生物の歴史に比べれば生まれて間もないので、昔から進化を遂げて株主価値をあげつづけている?現存する生物の過去の進化から知恵を盗むのは、よいのではないでしょうか。

この本にもう一箇所、面白くてページを折ってしまった箇所があります。
Peter J Williamsonって人の「将来のための戦略オプション」って論文の冒頭で、とーても興味深い調査結果について述べています:1984年にエコノミスト誌が、財務長官、多国籍企業の社長、Oxfordの学生、ゴミ清掃員それぞれ4人ずつに、今後の経済の予測をたてさせた。OECDの国々の向こう10年の成長率やインフレ率、石油価格、etc。1994年に結果を比較したところ、予測は現実と6割以上かけ離れていた。答案者の中で最も正解に近かったのは、ゴミ清掃員と多国籍企業の社長で、同点引き分けだった。・・・「残念なことに、長期的に経済や市場環境を正確に予測できる者はいないのではないか、といわざるをえない。」と結論づけています。

・・・痛快じゃないですか?この論文、後は別に感銘を受けなかったけど、この冒頭はたいへん気に入りました。多分それが真実なんだろうな。私自身、そう言われてもつい何とか予測しようと思っちゃうけど、デフォルトは「当たるわけない」ってことだよね・・・。なんとなく気が楽になります。当たれば儲けものってことです。

さて。次はいわゆる名著と呼ばれるものを何冊か読んでみよう。

March 01, 2006

Integrate to Innovate イノベーションを実現する統合モデル/Michael E. Raynor & Clayton M. Christensen

いろんなサイトを見て回ってたら、珍しい?ものを見つけたので、読んでみた。
http://www.abeam.com/jp/topics/research-02.html
かのクリステンセン教授の2冊目の本は、このレイナー氏との共著でした(2003年出版)。同じ組み合わせで、2002年にこんなの(リサーチレポート?)書いてたんですね。レイナー氏は、デロイトトーマツのDirectorだそうな。大学の先生がコンサルタントと組んで本を書いたりするのをみると、ビジネススクールってのは大学の中にあるだけで、仕事の学校なんだなと改めて思う。

ちなみに2冊目は私の中では一番印象の薄い本だ・・。
今回落としたリサーチレポートでは、通信キャリアに対して
・多角化するな、でもコアビジネスだけに注力もするな、最低でも3つの機能の分離しろというのもウソだ
・そのかわり、アプリケーションサービス、高度モバイルサービス、双方向性をもったブロードバンドサービスを提供しろ
とアドバイスしています。ポイントは以上のとおりで明確です。

書かれてから4年。アプリケーションサービスは根付いたのかしら。MSのASPサービスはものすごく大成功したって感じでもないなぁ。Office LiveってのもASPの一種なのかしら。それにしても、Telcoがやることではない気がする。
高度モバイルサービスの成功例としてiModeがあげられてるけど、メールとダウンロード以外は、ごく一部のサイトを見て回るくらいだけど、他の国に比べるとこれでも高機能なのかな。
双方向ブロードバンド・・・はオンラインゲームは流行ってるみたいですね。Telcoとは結びつかないけど、USENがやってるGyaoなんかはプロバイダと回線提供者が同じだ(Telcoからみると敵だけど)。

業界中心に書かれたコンサルティングファームのレポートなので、いつものクリステンセンの本と比べて偏りがある気がします。Harvard Business Pressのサイトとか行くと、もっとたくさん論文も置いてあるけど、タダじゃないし、英語だしね。3冊目の本より新しいのがあるんだったら読んでみたいけど・・・まいっか。