February 12, 2018

立花珠樹「女と男の名作シネマ」417冊目

映画評論家、立花珠樹さんの著書がまた出ていました。 タイトルが「男と女の」じゃな...

» Continue reading

ミハイル・ブルガーコフ「巨匠とマルガリータ」416冊目

ものすごく面白い小説だった。 荒唐無稽、抱腹絶倒、でも愛あり涙あり(あったっけ?...

» Continue reading

February 01, 2018

一色さゆり「神の値段」415冊目

書評かなにかで見て、図書館で借りられたらいいな〜と思って調べたら、たまたますぐ借...

» Continue reading

November 07, 2017

佐々木健一「Mr.トルネード 藤田哲也 世界の空を救った男」414冊目

面白い。じつに面白いノンフィクションでした。 これほど面白く読めるのは、盛り上げ...

» Continue reading

October 01, 2017

村上春樹「騎士団長殺し」412−3冊目

一応たしなみとして、村上春樹の長編は読むことにしてる。買うかどうするか毎回迷うん...

» Continue reading

«ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」(亀山郁夫訳)407〜411冊目